通常は非課税の特定の種類の投資はありますか?

発行時間: 2022-06-24

通常は非課税の投資にはいくつかの種類があります。これらには、地方債、退職金口座、および特定の種類の投資信託が含まれます。さらに、一部の種類の不動産も税金が免除される場合があります。どの投資があなたの状況で非課税である可能性が高いかを決定するために税理士と相談することが重要です。

タックスシェルター口座への投資は常に税金を回避しますか?

税金を回避する最善の方法は個々の状況に依存するため、この質問に対する万能の答えはありません。ただし、税金を回避するためにお金を投資する方法に関する一般的なヒントは次のとおりです。

  1. 税務状況を定期的に確認し、税負担を最小限に抑えるために必要に応じて投資戦略を変更してください。
  2. キャピタルゲイン率が低いかゼロの課税対象口座に投資することを検討してください。これにより、これらの投資からの利益に対して支払う税金の額が減ります。
  3. Roth IRAの拠出金を退職後の貯蓄に使用することを検討してください。これにより、退職時に撤退したときに大きな税制上のメリットが得られます。
  4. 不動産への投資は、不動産の売却によって生み出された所得に対する税金の支払いを、不動産の価値が高く、課税対象の所得が少なくなる可能性がある後期まで延期するための良い方法です。
  5. IRAや401(k)などの特定の種類の投資に適用される特別な規則に注意してください。これらの規則は、税金を完全に削減または回避するための追加の機会を提供する可能性があります。

税制上有利な投資口座の最も一般的なタイプは何ですか?

税制上有利な投資口座にはさまざまな種類がありますが、最も一般的なものには次のものがあります。

•個人年金口座(IRA)

•401(k)プラン

•529プラン

•従来のIRA

•ロスIRA

•SEPIRA

•シンプルなIRA

投資口座を選択する際に留意すべきことがいくつかあります。まず、アカウントがあなたが探している税制上の優遇措置の対象となることを確認してください。次に、決定を下す前に、必ず個々のアカウントの機能と料金を調べてください。最後に、選択した投資口座があなたとあなたの特定の状況に最適なオプションであることを確認するために、常にファイナンシャルアドバイザーまたは税務専門家に相談してください。

複数の収入源からの収入がある場合、その一部のみを税制優遇口座に投資することを選択できますか?

はい、あなたはあなたの収入の一部だけを税制優遇口座に投資することを選ぶことができます。ただし、複数の源泉からの課税所得がある場合は、各アカウントに必要な最小分配要件を満たすように、アカウント間で所得を割り当てる必要があります。たとえば、課税所得が賃金から$ 50,000、投資から$ 100,000の場合、その口座に必要な最低分配要件を満たすために、毎年投資口座から$6,000を引き出す必要があります。そうすれば、税金を気にすることなく、残りの94,000ドルを賃金稼ぎの口座に投資することができます。

さまざまな種類の税金がさまざまな種類の投資にどのように適用されますか?

税金の3つの主な種類は何ですか?各タイプの投資のメリットとデメリットは何ですか?投資に対する納税義務をどのように計算しますか?税金の支払いを避けるために投資を使うことはできますか?適格退職プランとは何ですか?Roth IRAアカウントとは何ですか?

投資に関しては、税金を削減または回避するためのさまざまな方法があります。このガイドでは、最も一般的な方法のいくつかについて説明し、税金の節約を最大化するためのヒントを提供します。

さまざまな種類の税金がさまざまな種類の投資に適用されます

税金には主に、連邦所得税、州所得税、地方所得税の3種類があります。それぞれのタイプは、異なるタイプの投資に異なる方法で適用されます。

連邦所得税は、賃金、給与、チップ、およびその他の形態の所得からの所得に適用されます。また、株式、債券、その他の証券からのキャピタルゲインや配当にも適用されます。ほとんどの人は、どこで稼いだかに関係なく、賃金または給与全体に対して連邦所得税を支払います。

州所得税は、州所得税のある州に住む居住者にのみ適用されます。州によって異なりますが、通常は2%〜5%の範囲です。州の所得税は時間の経過とともに増加する可能性があるため、最大限の節約の可能性を得るために投資を構成する最善の方法について、会計士またはファイナンシャルアドバイザーに相談することが重要です。

地方所得税は、特定の法域(郡、市町村)内でのみ適用されます。特定の地域の資産価値は市場価値ではなく地方の課税価格に基づいているため、多くの人がこの種の税金を気付かずに支払います。たとえば、20万ドル相当の家を所有しているが、地方自治体の地方所得税率が1%の場合、実際には毎年2千ドルの地方税を支払う必要があります。

さまざまな方法で税金の影響を受ける投資の種類キャピタルゲインと配当:これらは、特定の基準(1年以上保持されるなど)を満たさない限り、連邦レベルで経常利益として課税されます。これは、価値が10%増加した株式を売却する場合、連邦および州のキャピタルゲイン/配当税の両方を支払う必要があることを意味します(これらの税率が引き続き適用されると仮定します)。ただし、これらの損失を他の課税所得から控除できる場合があるため、決定を下す前に、どの投資がどの控除の対象となるかについて、会計士またはファイナンシャルアドバイザーに相談することが重要です。ストックオプション:これらのオプションを行使すると、保有者は設定された期間内に設定された価格で株式を購入する権利を与えられますが、義務は与えられません。ストックオプションは通常、特定の期間(通常は6か月)以内に行使されない限り無価値に失効するため、実際に行使されるまで多くの課税所得を生み出さず、売却時に多額の税金が発生する可能性があります(詳細については、ストックオプションに関するブログ投稿を参照してください)不動産:不動産住宅やコンドミニアムなどの株式を通じて所有されている場合、通常、建設やメンテナンスの実際のコストではなく、不動産の市場価値に基づいて地方所得税が課せられます(償却控除の対象とならない場合)。Roth IRA:Roth IRAアカウントを使用すると、55歳以上の個人が年間10万ドル(生涯拠出限度額の合計45万ドル)を支払うことなく、後日、連邦または州の所得税を支払うことなく寄付できます。退職金制度:適格退職金制度とは、雇用主が後援する制度であり、計画に従業員が停止するための資金提供手段を提供することを含む特定の要件を満たします(401k制度など)。

税制優遇口座に保有されていても、投資収益が課税される状況はありますか?

税制上有利な口座に保有されている場合でも、投資収益が課税される可能性がある状況がいくつかあります。たとえば、満期日に達する前に株式を売却した場合、利益は課税対象となる可能性があります。さらに、投資によるキャピタルゲインまたはキャピタルロスは、年間所得税申告書に報告されます。あなたがより高い税率の範囲にいる場合、これは全体としてより多くの税金が支払われる結果となる可能性があります。最後に、一部の投資(不動産など)も、売却または賃貸時に州税および地方税が発生する場合があります。会計士またはファイナンシャルアドバイザーに相談して、税制上の優遇措置を受けた口座に投資した場合に課税対象となる可能性があるかどうかを確認することが重要です。

投資額が下がった場合、税金の損失を差し引くことはできますか?

投資に税金を払わないようにする方法はいくつかあります。1つの方法は、401(k)やIRAなどの税金繰延勘定に投資することです。これは、アカウントからそれを取り出すまで、これらの投資からの収入に税金を支払う必要がないことを意味します。投資に税金を払わないようにするもう1つの方法は、投資額が下がる前に売却することです。これはあなたにお金を失う原因になりますが、それはまたあなたの課税所得を減らすでしょう。最後に、不動産や中小企業の株式など、課税が免除される資産に投資することもできます。これらのオプションにはすべて独自の長所と短所があるため、決定を下す前に慎重に検討することが重要です。

投資するときに全体的な納税義務を最小限に抑えるにはどうすればよいですか?

投資するときにあなたの納税義務を減らすためのいくつかの方法があります。1つの方法は、IRAや401(k)などの税制優遇口座に投資することです。もう1つの方法は、住宅ローンの利子控除や勤労所得税額控除など、利用可能な控除や控除を利用していることを確認することです。最後に、特定の投資状況に適用される特別な税法を知っていることを確認してください。投資時の全体的な納税義務を最小限に抑える方法の詳細については、https://www.morningstar.com/の包括的なガイドを参照してください。投資/記事/where-to-invest-money-to-avoid-taxes#3退職金口座からお金を引き出すときに、全体的な納税義務を最小限に抑えるにはどうすればよいですか?退職金口座からお金を引き出すときに税金を最小限に抑えるためにできることがいくつかあります。まず、資格がある場合はRothIRAの寄付を利用してみてください。次に、控除対象外の寄付を検討します。第三に、あなたが毎年受け取る収入に注意を払い、それをあなたが毎年引き出す金額に織り込みます。第4に、あなたに最適な特定の引き出し戦略について、会計士またはファイナンシャルプランナーに相談してください。退職金口座からお金を引き出す際の全体的な納税義務を最小限に抑える方法の詳細については、https://wwwの包括的なガイドを参照してください。 morningstar.com/investing/articles/where-to-invest-money-to-avoid-taxes#4税金を避けようとするときによくある間違いは何ですか?税金を回避しようとするときによくある間違いの1つは、控除や利用可能なクレジットを十分に活用していないことです。たとえば、多くの人は、控除項目を項目化しない場合でも、連邦所得税から住宅ローンの利息の支払いを控除できることに気づいていません(つまり、連邦所得税にすべての費用が含まれていません)。 。さらに、多くの人々は、連邦政府によって提供されるものに加えて利用可能なさまざまな州および地方の税控除に気づいていません。税を回避しようとするときによくある間違いを回避するための詳細については、こちらの包括的なガイドを参照してください:https: //www.morningstar.com/investing/articles/where-to-invest-money-to-avoid-taxes#5追加の税金を支払うことなく、個人的な目的で投資を使用できますか?はい-あなたがしていることが、資産の個人的な使用を管理するIRS規則に違反していない限り(たとえば、個人的な使用ではなくビジネス目的で資産を使用する)。ただし、一般的には、課税所得(配当やキャピタルゲインなど)を生み出すものはすべて、個人目的またはビジネス目的のどちらに使用されているかに関係なく、通常の税率で通常の所得税が課せられます。追加の税金については、こちらの包括的なガイドをご覧ください。

国際的に投資していて、収入に税金を払わないようにしたい場合は、何に注意する必要がありますか?

あなたが投資してあなたの収入に税金を払うのを避けようとしているなら、心に留めておくべきいくつかのことがあります。まず、選択した投資が居住国で合法であることを確認することが重要です。第二に、あなたの状況に適用される可能性のある特別な税控除または控除に注意してください。最後に、投資を行う前に、必ず会計士またはファイナンシャルアドバイザーに相談してください。これらは、意思決定に関連するすべての税務上の影響を把握するのに役立ちます。

私がすでに引退している場合でも、税金を最小限に抑える方法でお金を投資することは可能ですか?

あなたの税金を最小限に抑えるためにお金を投資するいくつかの方法があります。1つの方法は、IRAや401kなどの税金繰延勘定に投資することです。もう1つの方法は、課税対象のアカウントに投資することですが、キャピタルゲインとキャピタルロスを使用して課税所得を減らすなど、税制上有利な戦略を使用します。最後に、個人年金口座(IRA)または会社の退職金制度を通じて不動産や株式に投資することもできます。これらのオプションにはそれぞれ長所と短所があるため、決定を下す前にすべてを比較検討することが重要です。

投資所得に対する課税を減らすためのいくつかの一般的な戦略は何ですか?

キャピタルゲインと配当に対する課税を減らすための具体的な戦略は何ですか?賃貸収入に対する課税を減らすための具体的な戦略は何ですか?事業所得への課税を減らすための具体的な戦略は何ですか?

  1. 投資を決定する前に、個人の税務状況を理解することが重要です。投資所得、キャピタルゲイン、および配当に対する税金を削減または回避するには、さまざまな方法があります。
  2. 投資所得に対する税金を削減する1つの方法は、引退資金またはその他の普通預金口座を使用して課税対象証券に投資することです。これにより、一般的に、投資が売却された場合、国債やその他の低利回りの証券に投資された場合よりも低い税額が発生します。
  3. 投資所得に対する税金を削減するもう1つの方法は、資産を売却した年度に「キャピタルロス」を発生させることです。これは、売却による利益を実現する前に資産を損失で売却すること(「実現利益」)、または損失を実現した後、完全に減価償却される前に資産を売却すること(「減価償却損失」)によって行うことができます。 。キャピタルロスは、損失が特定の制限を超えている限り、賃金や給与などの他の種類の課税所得を相殺するために使用できます。
  4. 投資所得に対する税金を削減するもう1つの方法は、項目別の控除、具体的には、住宅ローンの利息の支払い、慈善寄付、および支払われる州税と地方税の控除です。これらの控除は、連邦税申告書に項目化されていなくても、全体的な税額を大幅に削減できます。
  5. 最後に、事業所得に対する税金を削減するための1つの戦略は、S法人(または別の種類のパススルーエンティティ)ではなく、C法人として会社を組織することです。これにより、一般的に、個人レベルではなく企業レベルで課税される利益が高くなり、全体的な税額が低くなる可能性があります。

事業主でもある投資家に適用される特別な規則や考慮事項はありますか?

あなたが投資家であり事業主である場合、心に留めておくべきことがいくつかあります。まず、個人として250,000ドル以上、または夫婦が共同で申告する場合に500,000ドル以上を稼ぐ場合は、所得に特別税を支払う必要があります。第二に、退職基金やその他の投資に適用される規則を認識することが重要です。第三に、投資決定を行う前に税理士に相談することは常に良い考えです。最後に、投資の選択によって税金が完全に回避されることを保証できる人はいないことを忘れないでください。特定の状況については、常に会計士または税務専門家に相談してください。

税金を払うことをお勧めしますか?

税金を支払うことが賢明かどうかを決定する際に考慮すべきいくつかの要因があります。最も重要な考慮事項は、全体的な財政状況です。あなたが多額の借金と限られた資産を持っているならば、税金を払うことはあなたにとって最良の決定ではないかもしれません。また、将来高所得が見込まれる場合は、将来の課税所得が減るため、今すぐ納税する方が有利な場合がありますが、貯蓄が多く、高所得が見込めない場合は、近い将来、課税所得が増えるため、税金を支払うことはお勧めできません。一般的に、納税を決定する前に、会計士または税務専門家に相談することを常にお勧めします。納税を回避する方法はいくつかあります。1)401(k)やIRA2などの税制優遇口座への投資)納税申告書の控除を請求する3)長期的な資本利益のために株式やその他の投資を取引する4)慈善寄付を行う5)州および地方の税控除を利用する6)費用を最小限に抑える7)不動産に投資する8)債務融資を使用して不動産を購入する9)専門家を雇うファイナンシャルプランナー10)クレジットカードの代わりに現金を使用する11)正確な記録を保持する12)毎年財務を確認する13)退職計画に貢献する14)不動産計画ツールを利用する15)課税を回避する最善の方法を検討する際の出発点として次のヒントを使用してください。

税金の支払いを避けますか?あなたの全体的な財政状況を考慮してください

あなたが税金を払うのを避けることができるように賢くお金を投資しますか?利用できる投資オプションの種類や現在の負債額など、さまざまな要因が関係しています。