第7章破産中にローンを申請できますか.

発行時間: 2022-09-22

はい、第 7 章破産時にローンを申し込むことができます。ただし、適用する前に知っておく必要があるいくつかの制限があります。

まず、あなたが受け取ることができるローンの額は、あなたの総負債と収入によって制限されます.第二に、ローンは借金を完済するためだけに使用されなければなりません。最後に、信用度が高く、ローンを期限内に返済できるなど、特定の資格要件を満たす必要があります。

チャプター7破産中にローンを申請することに興味がある場合は、プロセスを案内してくれる弁護士に相談してください.

自己破産の手続きはどのくらいかかりますか?

破産手続きは、ケースによって異なりますが、6 か月から 12 か月かかります。ほとんどの人は、提出する必要があることに気づいてから 3 か月以内に提出します。全体のプロセスは通常、開始から終了まで約 1 年かかります。ただし、この時間枠は、すべての書類や出廷をどれだけ迅速に収集するかによって異なります。

破産申立の資格要件は何ですか?

倒産にはどんな種類があるの?チャプター7破産とチャプター13破産の違いは何ですか?住宅ローンの支払いが滞っている場合、自己破産はできますか?個人の財務諸表には何が含まれていますか?使いすぎているかどうかはどうすればわかりますか?請求書や借金を支払う余裕がない場合はどうすればよいですか?

  1. 自己破産を検討している場合は、どのような資格要件があるのか​​を理解することが重要です。資格を得るには、特定の収入要件を満たし、負債が 17,000 ドル以下 (ホーム エクイティを除く) であり、負債を返済できないことを証明できる必要があります。
  2. 破産には主に 2 つのタイプがあります。チャプター 7 とチャプター チャプター 7 は「白紙」の状態と見なされます。すべての資産が売却され、お金を返済する必要はありません。このオプションは、あまりお金を借りておらず、財政を新たに始めたい人に最適です。第13章は、債権者に時間をかけて返済している間、人々が資産の一部を保持することを可能にします。第7章よりも複雑ですが、より多くの借金があり、裁判所制度の助けがなければ借金を完全に返済できないと感じている人にとっては、より良い選択になる可能性があります.
  3. 破産を申請するかどうかを決定する際に心に留めておくべきことの 1 つは、それが信用スコアに悪影響を及ぼす可能性があることです。決定を下す前に、長所と短所を慎重に比較検討してください。
  4. 資格要件および破産申請のその他の側面について詳しくは、当社のウェブサイトをご覧いただくか、お客様の状況に応じた追加のガイダンスを提供できる弁護士にご相談ください。

自己破産の手続きにかかる費用は?

第7章破産は、借金をなくし、財政状況を改善するために使用できる法的手続きです。破産申請の費用は、特定の状況によって異なりますが、通常、335 ドルから 1,070 ドルの費用がかかります。さらに、裁判手続きに関連する手数料を支払う必要がある場合があります。

チャプター7破産の資格を得るには、最低収入や借金をカバーするのに十分な資産を持つことなど、特定の要件を満たす必要があります。また、合理的な期間内に債務を返済する能力を示さなければなりません。

自己破産をする場合は、必ず事前に弁護士に相談してください。個々の状況に応じて、最善の方法をアドバイスすることができます。

自己破産で免責される債務とは?

自己破産で免責できる借金はたくさんあります。これには、クレジットカード、医療費、学生ローンなどからの借金が含まれます。破産を申請する前に、破産法を理解し、どの債務が免除されるかを知ることが重要です。また、債務を免除するには、満たさなければならない特定の要件があります。たとえば、ほとんどの学生ローンの債務は、借り手が少なくとも 5 年間学校に通っていない限り、破産しても免除されません。さらに、養育費の支払いなど、一部の種類の債務は、まったく免除されない場合があります。自己破産を検討している場合は、弁護士に相談して、具体的な状況と選択肢について詳しく知ることが重要です。

自己破産しても残せる財産は?

自己破産をすれば、資産の一部を残すことができます。以下に、保持できるいくつかの項目を示します。

-あなたの家

-あなたの車

-あなたの普通預金口座

- あなたの私物

-あなたの年金または退職金制度

- あなたの家宝

資産の種類ごとに特定の規則が適用されることに注意してください。保持できるものと保持できないものについて質問がある場合は、必ず弁護士に相談してください。

破産の申請は、私のクレジットスコアにどのように影響しますか?

破産を申請すると、信用スコアが打撃を受ける可能性があります。これは、自己破産が信用情報上の「有害事象」とみなされるためです。ただし、破産を申請することで、信用スコアへのダメージを軽減する方法があります。破産を申請する前に、財務状況を改善するためにすべての合理的な措置を講じたことを証明できれば、長期的には信用スコアを回復できる可能性があります。

一般に、信用度が低いと、ローンや住宅ローンの取得から、仕事の承認やアパートの賃貸に至るまで、人生のあらゆる側面に影響を与えることを覚えておくことが重要です。破産申請後に信用を回復するための支援が必要な場合は、主要な信用調査機関 (Equifax、Experian、および TransUnion) のいずれか、または評判の良い金融カウンセリング機関に連絡することを検討してください。個々の状況が破産からの回復の可能性にどのように影響するかを理解し、できるだけ早く信用格付けを回復するのに役立ちます。

自己破産した場合、住宅ローンの再確認はできますか?

チャプター 7 破産は、個人や企業が債務を再編成できるようにする、米国破産裁判所での法的手続きです。破産は、借金の額に関係なく、収入があれば誰でも申請できます。

チャプター7破産の資格を得るには、借金を返済するのに十分な資金があること、借金の支払いを続ける余裕がないことを証明することなど、特定の要件を満たす必要があります。

破産法第 7 章についてよく聞かれる重要な質問の 1 つは、手続き中にローンを申請できるかどうかということです。答えは、申請しているローンの種類と、貸し手が定めた特定の規則によって異なります。ただし、ほとんどの貸し手は、借り手が毎月少なくとも 1 回の支払いを続けることを条件に、破産申請中もローンの支払いを継続することを許可します。

チャプター 7 破産を申し立てることができるかどうかについて質問がある場合、または選択肢を理解するのに助けが必要な場合は、個々の状況に基づいてガイダンスを提供できる経験豊富な弁護士に連絡してください。

自己破産すると家を失う?

チャプター7の破産申請は、自動的に家を失うことにはなりません。ただし、家に関連する住宅ローンやその他の負債がある場合は、不動産を維持する前にその負債を返済する必要がある場合があります。また、一定期間住宅の売買が禁止されるなど、その他の法的制限を受ける場合もあります。自己破産を検討している場合は、具体的な状況について弁護士に相談することが重要です。

第7章破産で2番目の住宅ローンを取り除くことはできますか.

はい、第 7 章破産で 2 番目の抵当権を剥奪することができます。ただし、続行する前に知っておくべきいくつかの制限と考慮事項があります。

まず、ローンが第 7 章破産の債務負担から除外される資格があることを確認する必要があります。第 2 に、第 2 の抵当権の売却による収益が、第 1 の抵当権の残りの支払いすべてと、物件に関連するその他の負債をカバーすることを確認する必要があります。最後に、債務負担から 2 番目の住宅ローンを取り除くために行ったすべての手順を文書化し、このプロセスに関連するすべての通信の記録を保管してください。

どのくらいの頻度で破産保護を申請できますか?

破産を申請するということは、新たなスタートを切り、より管理しやすい方法で借金を返済することに決めたことを意味します。ただし、提出する前に注意すべき点がいくつかあります。

自己破産の申立てができる時期については特に制限はありません。ただし、早ければ早いほど、プロセスは短くなります。

通常、次の場合、第 7 章破産中にローンを申請できます。1) 定期的な収入があり、ローンを返済する余裕がある。 2) ローンは、利用可能な債務救済オプションを超えていません。 3) ローンの条件が合理的であること。

特定のローンが債務救済オプションに含まれるかどうかを判断するには、弁護士またはファイナンシャル アドバイザーに相談してください。さらに、ローンを組むことで、フード スタンプや住宅補助などの将来の政府の給付を受ける能力が損なわれないように注意してください。

破産保護を申請することにした場合は、債権者からの財政状況や現在の状況に関する質問に答える準備をしてください。債権者会議での発言を証明できるように、すべての関連文書のコピーを保管しておいてください。そして覚えておいてください-何かが間違っている、または不公平だと感じた場合は、常に声を上げてください!困難な状況で誰かを利用しようとする債権者に反撃することになると、数には力があります。

破産申請後、債権者からの連絡が途絶えるのはいつですか?

自己破産をすると、債権者から連絡が来なくなります。ただし、ローンの回収を継続できる特定の例外があります。破産申請後に債権者からの嫌がらせや脅迫が心配な場合は、弁護士またはファイナンシャル アドバイザーに相談してください。