両方の PPP ローンを申請できますか?

発行時間: 2022-09-22

個々の状況によって異なりますので、この質問には明確な答えはありません。ただし、一般に、資格要件を満たし、良好な信用履歴がある場合は、両方の PPP ローンに申し込むことができます。

PPP ローンの資格を得るには、まず基本的な資格要件を満たす必要があります。これらには、安定した収入と、ローンの費用をカバーするのに十分な資産があることが含まれます。さらに、良好な信用履歴があり、期限内にローンを全額返済できる必要があります。

PPP ローンが承認された場合は、参加するローン プログラムを選択する必要があります。補助金なしまたは補助金付きのローンのいずれかを申請できます。これら 2 種類のローンの主な違いは、補助金なしのローンでは借り手に利子の支払いが必要であるのに対し、補助金付きのローンでは必要ないことです。

選択する PPP ローンの種類に関係なく、申請プロセスに関連する書類に署名する前に、関連するすべての条件を理解していることを確認してください。利用規約を読んでも不明な点がある場合は、貸し手またはファイナンシャル アドバイザーに詳細をお問い合わせください。

各ローンの資格は何ですか?

PPP ローンは、信用度が高く、安定した収入があり、頭金が妥当な借り手が利用できます。各ローンの資格はさまざまですが、一般的に申請者は次のいずれかを満たす必要があります。自営業で自分のビジネスを所有する。または、キャリアにつながる教育またはトレーニングプログラムに参加しています。

また、ローンの種類ごとに特定の要件がいくつかあります。たとえば、P2P ローンの資格を得るには自宅の株式が 20% 未満である必要がある場合がありますが、FHA ローンでは 5% しか必要ありません。

いずれかのタイプのローンの申請に関心がある場合は、申請プロセスを開始する前に、経験豊富な貸し手に相談することが重要です。選択肢を理解し、どれが最適かを判断するのに役立ちます。

1回のローンでどれくらいの金額を受け取ることができますか?

PPP ローンは、住宅の頭金に必要な資金を調達するのに最適な方法です。1回の融資で最大35,000ドルを受け取ることができます。ただし、受け取ることができる金額は、クレジット スコアやその他の要因によって異なります。信用度が高い場合は、信用度が低い場合よりも、各ローンからより多くのお金を受け取ることができます。両方のローンから受け取ることができる最大金額は $417,000 です。

両方の PPP ローンに申し込む場合は、各ローンの金額と、状況と資格に基づいてどちらが最適かを知ることが重要です。貸し手のウェブサイトにアクセスするか、直接電話することで、各ローンの適格性を確認できます。

各ローンの申し込み方法は?

PPP ローンは、信用度が高く、安定した仕事をしている場合に申請できるローンの一種です。PPP ローンを申請するには、まずオンラインで申請書に記入する必要があります。申請書を提出した後、貸し手はそれを審査し、融資を提供するかどうかを決定します。貸し手があなたの申請を承認すると、ローン契約書やその他の重要な書類が送られてきます。

PPP ローンの資格を得るには、良好な信用履歴を持ち、ローンを全額返済できるなど、特定の要件を満たす必要があります。また、ローンの毎月の支払いを支払う余裕がある必要があるため、事前にお金を節約する必要がある場合があります.PPP ローンが承認された場合は、署名する前に契約条件をよく読んで、お金を受け取るために何が必要かを理解してください。

各ローンはいつ申請できますか?

PPP ローンはいつ申請できますか?

PPP ローンを申請できる時期はさまざまです。申請する最も一般的な時期は、すでに従来のローンが承認されているが、銀行がさらにお金が必要だと言ったときです。

拒否された場合や信用スコアが低い場合は、PPP ローンを申請することもできます。収入が高く、負債が少ない場合は、PPP ローンの申請も検討する必要があります。PPP ローンを申し込む際には考慮すべき要素がたくさんありますので、あなたの具体的な状況について専門家に相談してください。

2つのローンの違いは何ですか?

2種類のローンには大きな違いがあります。従来のローン、または民間部門のローンは、銀行や信用組合などの金融機関から借りる長期の借金です。このタイプのローンは固定金利で、6 か月から 10 年の範囲の期間を設定できます。

政府が後援するプログラム、または PPP ローンは、政府から借りる短期の借金です。このタイプのローンは変動金利で、期間は 3 か月から 1 年です。

これら 2 つのタイプのローンの重要な違いの 1 つは、従来のローンでは、固定期間内に全額と利息を返済する必要があるのに対し、PPP ローンでは、合計金額の一部のみを長期的に返済できることです。

これら 2 種類のローンのもう 1 つの重要な違いは、従来のローンでは良好な信用履歴が必要ですが、PPP ローンでは必要ないことです。

したがって、ビジネス プロジェクトに資金を提供するための迅速な解決策を探しているが、多くの場合、高い信用スコアを必要とする従来の貸し手からお金を借りたくない場合は、バンク オブ アメリカやウェルズなどの機関を通じて民間部門のローンを組むことを検討してください。ファーゴ。お金を借りる前にもっと時間が必要で、個人の信用情報を返済の担保として使用したくない場合 (民間部門のローンの一般的な要件)、SBA の 7(a) ローン プログラムのような政府が後援するプログラムに申し込むことを検討してください。ほとんどの商業銀行が標準的な商品で提供するよりも低い金利でより短い期間。

各ローンの条件は何ですか?

民間融資と公的融資の両方を申請する際には、留意すべき点がいくつかあります。

民間ローンは通常、期間が短く、公的ローンは長期の場合があります。

両方のタイプのローンには異なる金利と返済オプションが付属しているため、決定を下す前にそれぞれを注意深く調べることが重要です.

考慮すべきその他の要因には、必要な金額、クレジット スコア、財政援助を受ける資格があるかどうかなどがあります。

PP と PPP のどちらのローンを選択すればよいですか?

どちらのタイプのローンにも長所と短所があるため、決定を下す前にすべての要因を比較検討することが重要です。

通常、PPP ローンは PPP ローンよりも高額ですが、借り手に低金利で長期のローンを提供します。

PPP ローンでは、借り手は多額の前払いを要求されるため、一部の人々にとっては抑止力になる可能性があります。

一方、PPP ローンは通常、期間が短く、金利が高いため、すぐにお金が必要な場合には最適な選択肢ではない可能性があります。

最終的には、どのローンが自分に適しているかを判断する際に、特定のニーズと目標を考慮することが重要です。