住宅所有者保険はエアコンの交換をカバーしていますか.

発行時間: 2022-09-19

住宅所有者保険は通常、エアコンの交換費用をカバーしていません。ただし、この規則にはいくつかの例外があります。竜巻やハリケーンなどの自然災害によって家が損害を受けた場合、住宅所有者保険がエアコンの交換費用をカバーする場合があります。さらに、洪水や風による損害に対する保護など、保険に特定の補償オプションがある場合、住宅所有者保険は、補償対象の損失が発生した場合にエアコンを交換する費用も補償する場合があります。住宅所有者の保険が特定の状況でのエアコンの交換費用をカバーしているかどうかを判断するには、常に保険代理店に相談してください。

住宅所有者の保険は通常何をカバーしていますか?

住宅所有者保険は通常、家の外壁、内壁、屋根、窓、ドア、羽目板、電化製品、その他のアイテムの交換または修理の費用をカバーします。また、対象となるイベントによる収入の損失だけでなく、所有地の樹木への損害も補償される場合があります。追加の補償範囲を追加しない限り、個人所有物の補償範囲は制限されます。住宅所有者保険は通常、ハリケーンや地震に関連する費用をカバーしていません。

住宅所有者向け保険を購入するときは、特定の補償要件と補償対象外について必ず確認してください。また、ポリシーにサインアップする前にレートを比較して、可能な限り最良の取引を得ていることを確認する必要があります.

エアコンの交換費用はいくら?

住宅所有者保険は、通常、エアコンの交換費用をカバーしていません。AC ユニットを交換する平均費用は約 3,000 ドルです。費用は、エアコンのメーカーや型式、ユニットのサイズや場所によって異なります。ほとんどの場合、住宅所有者保険は、火災などの自然災害による損害または損失のみをカバーします。AC が故障して交換する必要がある場合は、保険会社にエアコン ユニット固有の補償オプションについて問い合わせてください。

古いエアコンの買い替え割引はありますか?

住宅所有者保険にはいくつかの種類があり、それぞれにエアコンの補償範囲が異なります。ただし、ほとんどのポリシーでは、古いエアコンが故障した場合の交換費用をカバーしています。

保険会社によっては、古いエアコンを新しいモデルに取り替える顧客に対して、保険料の割引を提供する場合があります。場合によっては、正規販売店を通じて新しいエアコンを購入すると、住宅保険の保険料の払い戻しを受けることができる場合もあります。

住宅所有者保険がエアコンの交換費用をカバーしているかどうかわからない場合は、保険会社に問い合わせるか、保険契約書を参照してください。お住まいの地域の特定の住宅所有者保険の詳細については、全米住宅建設業者協会 (NAHB) にお問い合わせいただくこともできます。

エアコンはどのくらいの頻度で交換する必要がありますか?

住宅所有者保険は通常、エアコンの交換費用をカバーしていません。エアコンの平均寿命は10~12年ですので、10~12年ごとの交換をお勧めします。エアコンを交換する頻度に影響を与える可能性のある要因には、ユニットの年数と製造元、お住まいの地域の気候条件、使用頻度などがあります。住宅所有者保険がエアコンの交換費用をカバーしているかどうか不明な場合は、保険契約者の担当者または代理店にお問い合わせください。

エアコンの修理や交換は安くなる?

修理も交換も一長一短ありますので、お客様の状況によります。考慮すべき点は次のとおりです。

修理と交換

エアコンを自分で修理できるなら、その方が安く済むかもしれません。ただし、ユニットが修理不能であるか、新しいコンプレッサーが必要な場合は、エアコンを交換するよりも費用がかかる可能性があります。

修理費用

エアコンは、通常の使用で通常 10 ~ 15 年使用できます。したがって、10 年間の保証があり、ユニットに 1,000 ドルの部品が必要であると仮定すると、修理には 1,000 ドルかかります。ACユニットのモデルとサイズにもよりますが、交換には10,000ドルから15,000ドルかかります。

交換費用

AC ユニットに最初に修理が必要な既存の損傷 (シールの破損など) がないと仮定すると、エアコンの交換には、AC ユニットのモデルとサイズに応じて、通常 6,000 ドルから 12,000 ドルかかります。この価格には、取り付け費用だけでなく、部品や工賃も含まれています。結論: エアコンを完全に交換する余裕がある場合は、通常、修理するよりも安価です。ただし、修理のみが必要な場合は、全体的に修理の方が安くなる可能性があります。

エアコンを交換する必要がある兆候は何ですか?

エアコンを選ぶときのポイントは?エアコンの住宅所有者保険のメリットは何ですか?住宅所有者保険は、エアコンユニットの交換費用をカバーしていますか?エアコンユニットの交換費用は、一般的にどのくらいかかりますか?エアコンユニットを交換すると、住宅所有者保険の割引を受けることができますか?エアコンの取替えシステムを選ぶときの注意点は?"

ご家庭のエアコンに経年劣化が見られたら、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。ここでは、新しい AC ユニットの購入と設置について知っておくべきことと、住宅所有者の保険が提供する補償の種類について説明します。

購入 vs.家賃: AC ユニットを購入するかレンタルするかを決定するときは、使用頻度と、年間の電気料金にどれくらいの金額を費やすかを考えてください。夏の暑い時期に AC を頻繁に使用する予定がある場合は、1 回の大きな購入価格よりも毎月のレンタル料金の方が多くの損耗をカバーできるため、レンタルの方が適している可能性があります。

サイズの問題: AC ユニットを購入する前に、家に適したサイズを選択してください。小さすぎるユニットは家全体を冷やすことはできませんが、大きすぎるユニットはより多くのエネルギーを必要とし、効率の悪い冷却のために実際にお金を浪費する可能性があります.目安としては、必要な冷却能力 1 トンあたり 1,000 平方フィートを許可することです。したがって、家の総スペースが 2,500 平方フィート (寝室を含む) の場合、3 トンの AC ユニットを目指します。

エネルギー効率: AC ユニットを購入する際は、必ずエネルギー効率評価 (EER) を考慮に入れてください。EER 値が高いほど、システムはより効率的にエネルギーを使用し、運用による CO2 排出量を削減します。

自分でエアコンを交換できますか?

住宅所有者保険は、通常、エアコンの交換費用をカバーしていません。ハリケーンなどの自然災害で自宅が被害を受け、エアコンが壊れた場合、住宅所有者保険から補償を受けることができる場合があります。このタイプの補償を受ける資格を得るには、保険会社に請求を提出し、暴風雨によって引き起こされた損害の文書を提出する必要があります。また、すべての住宅所有者のポリシーが同じであるとは限らないことに注意してください。自然災害による損害のみをカバーするものもあれば、自然災害と人災の両方をカバーするものもあります。エアコンを交換するかどうかを決定する前に、ポリシーを注意深く確認することが重要です。

新しいエアコンの設置にはどのくらいの時間がかかりますか?

住宅所有者保険を購入するときは、保険がカバーするものとカバーしないものを認識することが重要です。

住宅所有者保険は、通常、家を借りている間に故障した場合、新しいエアコンの費用をカバーしません。ただし、多くのポリシーには、既に設置されているエアコンの修理または交換の費用が含まれます。

一般的に、新しいエアコンの設置には通常 2 時間ほどかかります。ただし、この時間はユニットのサイズとタイプによって異なる場合があるため、ご自宅の具体的な設置時間についてエージェントに確認してください.

新しいエアコンユニットを取り付けるには許可が必要ですか?

住宅所有者保険は、エアコンの交換費用をカバーしますか?

この質問に対する普遍的な答えはありません。ポリシーごとに異なる適用範囲のガイドラインがあるためです。ただし、一般的に、ほとんどの住宅所有者保険には、自然災害による損害や、家に木が倒れてエアコンが破損した場合などの偶発的な損傷に対する補償が含まれている可能性があります。保険契約がエアコンの交換費用をカバーしているかどうか不明な場合は、保険会社に直接問い合わせることをお勧めします。

エアコンを新たに設置する場合は、必ず自治体の許可を受けてください。許可は一般に、高レベルの騒音や熱を放出しない小規模なユニットには必要ありません。より多くの騒音や熱を発生する大型ユニットの場合、ユニットを設置する前に自治体から許可を取得する必要がある場合があります。

新しい AC ユニットを取り付けたときに、ダクトを掃除する必要がありますか?

住宅所有者保険は通常、エアコンの交換費用をカバーしませんが、対象となる事故でユニットが損傷した場合、ユニットの修理などの他の関連費用をカバーする場合があります。一部の保険会社は、定期的にダクトのクリーニングやサービスを受けている顧客に対して、ポリシーの割引を提供することもあります。保険会社に相談して、どの補償範囲が利用可能で、割引が利用できるかどうかを確認することが重要です。

自宅に必要な AC ユニットのサイズは?

ご自宅の AC ユニットに関しては、必要なサイズはいくつかの要因によって異なります。たとえば、平屋建ての家の場合、サイズが大きい AC ユニットよりもサイズが小さい AC ユニットの方が適している場合があります。さらに、暑い気候に住んでいる場合、または頻繁に高温を経験する場合は、冷却能力の高い AC ユニットが必要になる可能性があります。ただし、一般的に、ほとんどの住宅所有者保険は、エアコンの交換費用をカバーしていません。

エアコンの買い替えをご検討中のお客様で、ご希望のエアコンのサイズについてご相談がございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。