大統領は退職時にいくら支払われますか?

発行時間: 2022-07-11

大統領の退職給与は年間20万ドルです。この金額は憲法で定められており、変更することはできません。大統領はまた、年間5万ドルの年金を受け取ります。これらの金額は、大統領職から受け取る可能性のあるその他の収入に追加されます。

退任後の社長の給料はいくらですか?

大統領の給料は年間40万ドルです。大統領は辞任後、年間20万ドルの年金を受け取ることになります。さらに、大統領は財務省から生涯5万ドルの年払いを受け取ります。これは合計で年間450,000ドルの合計退職パッケージになります。

社長の給料は引退後に変わりますか?

大統領の退職給与は憲法によって定められており、変更されることはありません。大統領は、勤続年数と在職日数に基づいて年金を受け取ります。大統領はまた、毎年議会によって設定される年俸を受け取ります。現在の大統領の年俸は40万ドルです。

大統領は退職金でいくら稼ぎますか?

大統領の退職給与は年間20万ドルです。この金額は、大統領の年俸および福利厚生パッケージに含まれています。大統領はまた、年間203,000ドルの年金を受け取ります。さらに、大統領は健康保険や旅行手当など、その他の退職金を受け取ります。

退任後の大統領の年金と給付のパッケージはどのくらいの価値がありますか?

大統領の退職給与は年間20万ドルです。大統領が辞任した後に受け取る年金と給付のパッケージは、推定130万ドルの価値があります。これには、年間191,000ドルの大統領年金と、医療保険や旅費などのその他の給付が含まれます。これらの給付の価値は、大統領が在任期間や、退職時に社会保障給付またはメディケア給付の資格があるかどうかによって異なります。

大統領は引退後、政府年金を受給しますか?

大統領の退職給与は年間20万ドルです。大統領は引退後、政府年金を受け取らない。大統領の給与は連邦財務省から支払われ、議会の承認は必要ありません。

もしそうなら、それは年間いくらの価値がありますか?

大統領の退職給与は年間20万ドルです。この金額は、月額約30,000ドルの価値があります。したがって、大統領の退職給与は年間624,000ドルの価値があります。

前大統領が辞任したときに他にどのようなメリットがありますか?

前大統領は、退任時に年金、医療、その他の給付を受ける。年金は大統領としての勤続年数に基づいており、最初の支払いは大統領の最終給与の3分の1に相当します。前大統領はまた、生涯にわたる医療保険や、シークレットサービスの保護の詳細などの他の給付も受けています。

これはゴールデンパラシュートと見なされますか?

大統領の退職給与はゴールデンパラシュートとは見なされません。大統領の給料は議会で定められており、大統領が早く辞任しても変わらない。大統領の給与は勤続年数に基づいているため、高給の大統領は通常、低給の大統領よりも勤続年数が長くなります。さらに、大統領は退任後に年次年金を受け取りますが、これはかなりの額になる可能性があります。

すべての元大統領は、在任中の政党の所属に関係なく、退任時にこれらの同じ利益を受け取りますか?

いいえ、大統領の引退給与は、在任中の政党に関係なく、すべての元大統領で同じではありません。一部の元大統領は年金を受け取ります。これは、退職後に毎月受け取る債券です。他の元大統領は、大統領として少なくとも2期の任期を務めた場合にのみ、大統領年金を受け取ることができます。大統領年金の額は、大統領が引退した期間と、大統領がそれを受け取ったときにまだ生きているかどうかによって異なります。

在任中に退職金を受け取った元大統領の最新の例は、ジョージWでした。2007年から2009年まで年間205,700ドルを受け取ったブッシュ。しかし、彼が2009年に辞任して以来、ブッシュはいかなる形の退職所得も受け取っていません。

元大統領のビル・クリントンとバラク・オバマは、それぞれ2017年1月と2021年1月に辞任した後、大統領年金の受給を停止することを選択しました。この決定により、彼らは70歳に達するまで、蓄積された貯蓄を引き出し続けることができました。

他の元大統領の中には、フルタイムで働かなくても比較的控えめな生活を送ることができるため、退任後も大統領年金を維持することを選択する人もいます。たとえば、ジミー・カーターは、彼の以前の弁護士としてのキャリアに関連する政治的役職や組織での役職をもはや持っていなくても、大統領年金から月額1,000ドルを受け取ります。

これらの福利厚生パッケージは非課税ですか?

大統領の退職給与は年間20万ドルです。これらの福利厚生パッケージは非課税です。大統領はまた、課税対象の大統領年金を受け取ります。

これらの給付はどのくらい続きますか-生涯、または大統領就任後の一定の年数の間だけですか?

大統領の退職給与は年間20万ドルに設定されています。給付は一生続くが、大統領は退任後、一定数年分の給付のみを受け取ることを選択できる。たとえば、大統領が70歳で退職した場合、彼は残りの人生の間、毎年240,000ドルの退職金を受け取ることになります。しかし、彼が75歳で退職した場合、彼は残りの人生の間、毎年160,000ドルの退職金しか受け取れません。

元大統領がそうすることを選択した場合、これらの利益に対する権利を放棄することはできますか(もしそうなら、なぜそうするのでしょうか?)?

大統領の退職給与は年間20万ドルに設定されています。この給与は、他の連邦職員のように年間の生活費調整の対象にはなりません。大統領は、そうすることを選択した場合、これらの利益に対する権利を放棄することができますが、そうすることを望むかもしれない理由があります。たとえば、大統領はより低い退職後の収入を支払う余裕があり、それでも退職後の自分たちをサポートするのに十分なお金を残しておくことができるかもしれません。さらに、一部の大統領は、独立と自由の一部を放棄する必要があるため、利益を享受しないことを選択する場合があります。最終的に、各大統領は、これらの利益を望むかどうか、そしてどのような要因が彼らの決定に影響を与えるかを自分で決定しなければなりません。