アメリカはいくら借りているのか?

発行時間: 2022-04-09

21世紀初頭から米国連邦政府の債務が増加している。2020年9月時点で、国の借金は約27兆円。米国財務省の財政サービス局のウェブサイトでは、米国の債務額に関する詳細な情報を提供しています。

どうして国がこれほどまでに借金をするのか、不思議に思う人もいるかもしれない。何しろ、アメリカは世界で最も豊かな国の一つではないか。その答えは、「政府支出」と「税制」の2つの要素にあります。

政府支出には、国防費、社会福祉事業、インフラ事業などが含まれます。課税は、政府が支出を賄うために収入を得る方法である。残念ながら、税収も政府支出も経済成長率を上回るペースで増えている。つまり、国の資源が国民の生活水準の向上ではなく、債務の返済にどんどん割かれているのだ。

良い知らせは、国の負債を減らすためにできることがあることです。1つの明白な解決策は、政府がお金を使うのを減らすことである。もうひとつは、税率を引き上げて収入を増やすことです。しかし、これらの解決策は、政治的に有権者に不人気であることもあり、言うは易く行うは難しとなることが多い。

アメリカは誰にお金を借りているのか?

アメリカ政府は、国内外のさまざまな団体や組織からお金を借りている。これには、アメリカ市民、企業、他の政府、国際機関が含まれます。

負債の大半は、アメリカ国民や年金基金、保険会社などの機関が保有している。また、連邦政府は社会保障の受給者、退役軍人、障害者にもお金を貸している。

米国債を保有する外国企業には、中国や日本の中央銀行、およびこれらの国の政府が含まれる。その他の主な債権者には、台湾、ブラジル、韓国、メキシコが含まれます。国際通貨基金(IMF)や世界銀行などの国際機関も、米国の債権者に名を連ねている。

アメリカはなぜ借金をしたのか?

米国が借金をしたのは、税金で徴収した以上のお金を使ったからである。政府は、入ってくるお金よりも使うお金の方が多い場合、その差額を補うためにお金を借りなければなりません。この借金が国の借金を増やしているのです。

アメリカは長い年月をかけて、多額の国家債務を積み上げてきた。この背景には、第二次世界大戦やベトナム戦争など、コストのかかる戦争がある。また、社会保障や医療保険などの社会保障制度が高コストであることや、不況で税収が減る一方で失業手当などの政府支出が増えることなども原因として挙げられる。

米国は現在約19兆ドルの借金を抱えており、これは国民一人当たり57,000ドル以上に相当します。この負債の一部は他の政府や機関が保有しているが、大部分は国庫債券などを通じてアメリカ人個人が保有している。

米国が負債を抱えた結果、どのようなことが起こるのでしょうか?

アメリカが借金を抱えているのは、入ってくるお金よりも使っているお金が多いからです。その結果、政府は赤字を補填するために借金をすることになった。その結果、政府は他国、銀行、個人投資家など、さまざまな債権者からお金を借りることになった。この負債によって、米国は借入金に対して支払わなければならない利息の額が増え、増税につながり、他のプログラムに使える資金が減る可能性がある。また、仮に米国が債務不履行に陥れば、国内外に金融危機を引き起こす可能性がある。

アメリカは借金を返せるようになるのだろうか?

この問いに対する答えは、今後の経済情勢に大きく左右されるため、予測することは困難です。しかし、専門家の中には、米国が持続的な経済成長期を維持できれば、最終的に債務を返済することができると考える人もいます。さらに、米国はインフレや債権者との有利な条件交渉によって債務負担を軽減することも可能である。最終的に、アメリカが借金を返せるかどうかは、まだわからない。

借金を抱えていることが、アメリカ経済にどのような影響を及ぼしているのか。

近年、米国経済は負債によって大きな影響を受けています。政府の借金は現在17兆ドルを超え、アメリカの平均的な家庭はクレジットカードで約1万5千ドルの借金を抱えています。この高水準の債務が、経済成長の鈍化と金利の上昇を招いたのです。また、ローンを組んだり、住宅を購入することも難しくなりました。

このような負債の影響は、経済の様々な側面に現れています。例えば、住宅保有率は1950年代以来の低水準に落ち込んでいます。また、株式市場は景気後退期の底値からは回復したものの、景気後退期以前の水準にはまだ戻っていません。

では、この負債をどうすればいいのか?経済学者の中には、借入と貸付のシステム全体を再構築する必要があると考える人もいます。また、「もっと節約を促す方法が必要だ」という意見もあります。最終的にどのような解決策が選ばれるかは別として、アメリカの債務残高の増大がこれ以上経済の足かせとなる前に、何らかの手を打つ必要があることは明らかだ。

もし、アメリカが債務不履行に陥ったらどうなるのか。

もし米国が債務不履行に陥れば、経済に壊滅的な影響を与えるだろう。政府は支払いができなくなり、国の格付けはAAAを失うことになる。金利が高騰し、投資家は資金を引き揚げるだろう。株式市場は暴落し、ドルの価値は急落する。インフレは制御不能となり、何百万人ものアメリカ人が職を失うだろう。不景気、あるいは恐慌に陥るだろう。

アメリカほど借金を抱えている国は他にあるのだろうか?

国際通貨基金(IMF)の最新の数字によると、米国は世界のどの国よりも大きな債務負担を抱えています。2017年6月現在、アメリカの負債総額は1ドルです。

他に債務負担が大きい国としては、日本($.

米国政府は膨大な債務を処理するために、赤字支出を減らす努力を続けてきました。近年では、年間1兆円前後あった財政赤字を6000億円強まで減らすことに成功している。これは正しい方向への前向きな一歩ですが、アメリカの債務残高が大幅に減少し始めるまでには、財政規律を継続する長い年月が必要です。

  1. 84兆円、GDPの約104%に相当する。つまり、今日、米国が債務を返済するとしたら、19兆ドル以上の現金を用意する必要があるのだ。
  2. 01兆円)、中国(09兆円)、イタリア(34兆円)である。しかし、それぞれのGDPと比較すると、アメリカの借金は他のどの国よりもはるかに大きいのです。例えば、日本の債務はGDPの240%程度に過ぎないが、中国は247%と比較的管理しやすい。