国の債務はいくらですか?

発行時間: 2022-04-14

国家債務は、連邦政府が借り入れた合計金額です。2018年6月の時点で、その数は21.2兆ドルでした。この数値は静的ではないことに注意することが重要です。政府がより多くのお金を借りたり、債務の一部を返済したりするにつれて、それは毎日変化します。

国家債務の規模は、長年にわたって懸念の源となってきました。一部の人々は、それは持続不可能であり、最終的には経済崩壊につながると主張しています。他の人々は、それは大したことではないと信じており、GDPに比べてはるかに大きな債務を抱えている他の国々を指摘しています。

国債に関しては簡単な答えはありません。しかし、それが何であるか、そしてそれが経済にどのように影響するかを理解することは重要です。そうすれば、その重要性についてあなた自身の情報に基づいた意見を述べることができます。

国債は誰のものですか?

国債は私たち全員に帰属します。それは政府や彼らを選出した人々の責任だけではありません。債務は共通の責任であり、私たち全員がそれを完済するために自分の役割を果たす必要があります。

国の債務は他の国の債務よりも急速に増加しており、私たちが行動を起こさない場合にのみ悪化するでしょう。無駄な支出を削減し、国債の返済などに使われるのではなく、税金が実際に重要なプログラムに資金を提供するのに役立っていることを確認することから始めることができます。

また、国の債務を返済する余裕があるように、経済が十分に強力であることを確認する必要があります。海外からお金を借り続けると、借金を全額返済することができなくなります。誰もが先に進むチャンスがあるように、ここアメリカで雇用を創出する必要があります。そうすれば、責任を持って債務を返済し始めることができます。

国家債務はどのようにして生じたのですか?

国債は、プロジェクトや活動に資金を提供するために、米国政府が貸し手からお金を借りた結果です。最初の融資は、国がまだ共和国であった1790年に行われました。それ以来、債務は着実に増加し、2019年には現在の19兆ドル以上の水準に達しました。この成長の主な推進力は、軍事防衛、社会保障給付、およびメディケアの支払いへの支出の増加と、政府の借入金に支払われる金利の増加です。近年、歳出の削減や歳入の増加などの政策を実施することにより、国の債務を削減するための努力がなされてきました。ただし、これらの措置は実施が困難である可能性が高く、国債の全体的な規模を縮小することに成功しない可能性があります。

誰が国債を返済する責任がありますか?

国の債務は、米国政府が他の国に負っている合計金額です。政府は、軍事費、社会福祉プログラム、インフラプロジェクトなどの支払いのために貸し手からお金を借りています。時間が経つにつれて、政府はこれらのローンを利子で返済する必要があります。誰が国債を返済する責任がありますか?

国債の返済を担当するさまざまなグループがあります。最初のグループは、長年にわたって連邦政府の財源に資金を提供してきた納税者で構成されています。2番目のグループは、米国国債の保有者と、固定金利で政府に資金を貸し出すことに同意した債券で構成されています。最後に、アメリカの公的債務のかなりの部分を所有している外国政府があります。3つのグループすべてが最終的に返済される必要がありますが、異なるグループがこのタスクに対して異なる程度の責任を負うことに注意することが重要です。

納税者は最大のグループを構成し、アメリカの債務を返済する時期になると、そのグループに代わって支払いを行う必要があります。このグループには、個人だけでなく、長期にわたって連邦政府の財源に税金を支払ってきた企業も含まれます。さらに、社会保障の受給者とメディケアの受益者も、長年にわたる貢献と引き換えにアンクルサムから利益を受け取っているため、このカテゴリの一部と見なされます。

高い国債の結果は何ですか?

高い国債の結果は非常に多く、広範囲に及んでいます。最も直接的な結果は、政府の借入コストが増加し、それが政府債務の利払いの増加、経済成長の低下、失業の増加につながる可能性があることです。時間が経つにつれて、高い国債はまた、将来の経済成長を妨げる可能性のある教育やインフラなどの主要分野に投資する国の能力を低下させます。さらに、貧困や不平等などの差し迫った問題に政府が対処できないことに人々がますます不満を募らせているため、高い国債は社会不安を増大させる可能性があります。最後に、高額の国家債務はまた、国の海外での評判を損ない、国が外国投資や融資を引き付けることをより困難にする可能性があります。これらすべての結果は、財政と長期的な経済の安定の両方に深刻な影響を及ぼします。

現在の国家債務の水準は持続可能ですか?

現在の国家債務の水準は持続不可能です。米国は何年にもわたって持ち込んでいるよりも多くのお金を費やしており、国の累積債務は現在20兆ドルを超えています。この金額は、変更が行われなければ指数関数的に増加し、国は広範な経済的荒廃を引き起こす金融危機に直面する可能性があります。

国の増大する債務の問題に対処するいくつかの方法があります。一つの選択肢は、裕福な個人や企業への増税であり、それはかなりの収入を生み出すでしょう。もう1つの選択肢は、政府支出を削減することですが、今日のアメリカの政治的現実を考えると、これは不可能かもしれません。しかし、最終的には、米国が財政危機を回避するためには、何らかの解決策を見つける必要があります。

米国が債務不履行に陥った場合はどうなるでしょうか。

米国が債務不履行に陥った場合、世界的な金融危機を引き起こす可能性があります。米国政府は外国の債権者に数兆ドルの債務を負っており、それらの債務を返済できない場合、他の国々は米国がそれらを現金で返済することを要求するでしょう。それはドルの価値を急落させ、アメリカの輸出をより高価にし、輸入をより安くする可能性があります。それはまた、金利の急激な上昇につながり、それは借り入れをさらに高価にするでしょう。要するに、債務不履行は米国経済にとって悲惨なことになるでしょう。

米国の国債の規模は他の国と比べてどうですか?

米国の国債は世界最大です。20年3月31日現在、国の公的債務総額は19,028,596,000,000ドルでした。

米国は、稼ぐよりも多くのお金を使うので、他のどの国よりも多くの借金を負っています。その年間赤字(それが費やすものとそれが税金を通して受け取るものとの差)は20年で1兆ドルでした

アメリカが巨額の赤字を出し続け、外国人投資家から資金を借りて資金を調達し続ける限り、金利が上昇するリスクがあり、これは国のすでに苦戦している経済に問題を引き起こす可能性があります。借入への依存を減らし、歳入の徴収努力を増やすために、議員は、退職者や低所得世帯などの特定のグループに対する増税や給付の削減などのさまざまな措置を提案しました。しかし、一部のエコノミストは、これらの措置は、さらに多くの人々を仕事から追い出すか、医療などの重要なサービスへのアクセスを減らし、さらに大きな社会不安につながることによってのみ事態を悪化させると信じています。

  1. この数字は、前年から2,898,000,000ドルの成長を表しています。中国は2番目に大きい国債を持っており、3月31日現在の総額は17,279,590,000,000ドルです。20日本は3番目に国債は15,592兆ドルです。
  2. これは、政府が毎年、歳出のギャップを埋めるためにお金を借りていることを意味します。

国家債務を削減するためのいくつかの潜在的な解決策は何ですか?

国家債務を削減するための潜在的な解決策はたくさんあります。いくつかの提案には、増税、支出の削減、または新しい債務の発行が含まれます。各オプションには、独自の長所と短所があります。

増税は、国の債務を減らすための最も簡単な解決策になるでしょう。これには、キャピタルゲインや配当からの収入など、現在課税されていない源泉からの収入を増やす方法を見つける必要があります。増税はまた、商品やサービスの価格の上昇につながる可能性があり、消費者に悪影響を与える可能性があります。

支出の削減は、国の債務を削減するためのもう1つの可能な解決策です。これには、政府のプログラムや人員レベルの削減が含まれる可能性があります。しかし、このアプローチは、不可欠なサービスへのアクセスの減少や失業率の上昇など、社会全体に悪影響を与える可能性があります。

新しい債務を発行することは、国の債務を減らすためのもう一つの潜在的な解決策です。これには、政府支出の資金を調達するために投資家から資金を借りることが含まれる可能性があります。このアプローチの欠点は、国全体の債務負担が増加し、政府融資の金利が上昇する可能性があることです。

これらのソリューションを実装する上でのいくつかの障害は何ですか?

これらのソリューションを実装するには、いくつかの障害があります。一つの障害は、多くの人々が気候変動が現実のものであるとか、それが人間によって引き起こされていると信じていないということです。もう1つの障害は、多くの人がこれらのソリューションを実装するための知識やリソースを持っていないことです。もう1つの障害は、多くの人がソリューションが機能するとは思わないことです。最後に、自分の人生や他の人の人生をコントロールできないと感じるために、行動を変えることに抵抗する人もいます。

金利の上昇は国の債務負担にどのような影響を与えるでしょうか。

金利が上がると、国の債務負担も増える。これは、金利が上がると、政府がお金を借りるのに費用がかかるためです。これは、政府が既存の債務に対してより多くの利子を支払う必要があることを意味し、これは国の債務を処理するための全体的なコストに追加されます。全体として、これは将来、より大きな国の債務負担につながる可能性があります。

国全体の債務を首尾よく解消した国の歴史的な前例はありますか?

国が国の債務全体を首尾よく解消したことについては、いくつかの歴史的な前例があります。最も注目すべき例は、1835年にそうすることができた米国です。それ以前は、多くのヨーロッパ諸国がそうしようとして失敗していました。米国が成功した理由の1つは、国際交渉のレバレッジのツールとして債務を使用しなかったためです。代わりに、国全体に利益をもたらすインフラプロジェクトの資金調達に債務を使用しました。

他の国々もまた、長年にわたってさまざまな方法で国の債務全体を解消してきました。たとえば、ギリシャは、公的資産の民営化と低金利での新しい国債の発行を組み合わせることにより、2015年に国債全体を解消しました。ポルトガルは、政府資産の売却と民間投資家からの資金調達を組み合わせることにより、2002年に国債全体を解消しました。そしてアイルランドは、政府資産の売却と低金利での新しい国債の発行を組み合わせることにより、2013年に国債全体を解消しました。

どの国も国の債務全体を解消できるという保証はありませんが、そうすることで、その国の経済と納税者の両方に大きな利益をもたらすことができます。これは、借入コストの削減、投資家の信頼の向上、財政の安定性の向上に役立ちます。これらはすべて、時間の経過とともに経済成長を促進する可能性があります。