REITとは?

発行時間: 2022-04-12

不動産投資信託(REIT)は、不動産への投資と運用を行う上場企業の一種です。REITは、1970年代後半に、投資家に税制上の優遇措置を講じるとともに、ポートフォリオの分散化を図ることを目的として創設された。現在、米国では1,000を超えるREITが運営されています。

REITは、投資家にとって主に2つのメリットがあります。(1)不動産物件に分散投資できる、(2)従来の個人投資より税金が安い、です。REITの株式を保有することで、株式を売却するまで含み益や含み損に課税されることはありません。

REITへの投資の主な欠点は、その価値が変動しやすいということです。つまり、お客様の株価は、他の類似の保有銘柄と比較して上昇または下降する可能性があり、その結果、お客様の投資収益全体が大きく変動する可能性があることを意味します。特に、このような証券市場の変動に関する経験がない場合は、REITへの投資について判断する前に下調べをしておくことが重要です。

REITの仕組みは?

不動産投資信託(REIT)は、不動産への投資と運用を行う上場企業の一種です。REITは通常、商業用および住宅用不動産資産の大規模なポートフォリオを所有、管理、またはパートナーとしています。

REITの株式を保有するメリットは、会社から支払われる配当金の恩恵を受けられるため、資金を保守的に運用したい場合に役立つこと、さまざまな種類の不動産投資に触れることができること、SECの規制を受けているため、関連するすべての法律や規制を遵守していることが保証されることなど、数多く存在します。

REITに投資するメリットは何ですか?

REITに投資することには、以下のような多くのメリットがあります。

-REIT は、セクターや市場の多様性と安定性を提供します。

-一般的に、REITは強固なバランスシートと十分な流動性を持っており、市場の変動を乗り切るのに適した立場にあります。

-不動産投資信託は、投資家に多様な不動産資産へのアクセスを提供し、投資ポートフォリオの幅を広げるのに役立つ。

REITに投資するリスクは?

REITに投資する場合、基本的にはその会社の原資産に投資することになります。これは、分散された不動産グループへのエクスポージャーを得ることを意味するので、良いことかもしれません。しかし、REITへの投資にはリスクもあります。

大きなリスクとしては、以下のようなものがあります。

  1. 過大評価または過小評価された資産クラスに投資するリスク。株式や債券と異なり、不動産は非常に不安定であり、時間の経過とともに価格が急変する可能性があります。このため、REITへの投資が儲かるか損するかを予測することは難しい。
  2. 会社が倒産する可能性があること。REITはあくまで不動産資産を保有するための手段であり、会社が倒産した場合、あなたの投資は完全に失われてしまう可能性があります。
  3. 希望する価格で株式を売却できないリスク。ニューヨーク証券取引所(NYSE Arca)などの取引所を通じてリートの株式を購入する場合、その株式がいつ、どのような価格で売却されるかをコントロールすることができない可能性があります。そのため、売却する前に市場価格が下落すると、大きな損失を被る可能性があります。

いろいろなREITを調べるにはどうしたらいいですか?

さまざまな不動産投資信託(REIT)を調査する方法はたくさんあります。脚注やSEC提出書類を含む、その会社の財務諸表を確認することができます。また、REITに焦点を当てた業界のニュースレターやウェブサイトを読むこともできます。最後に、会計士や不動産業者などのファイナンシャル・アドバイザーに、お勧めのREITを相談するのもよいでしょう。

自分に合ったREITを知るには?

正しいリート選びの第一歩は、自分が何を求めているのかを理解することです。特定の種類の不動産に投資したいのか、それとも分散したポートフォリオが欲しいのか?投資目標が決まったら、REITの規模、投資戦略、経営陣などを検討することが重要です。

REITを選ぶ際のもう一つの重要なポイントは、潜在的な市場機会である。特定の場所に適した物件もあれば、大都市圏の方が適している物件もあります。また、キャッシュフローが良く、負債水準が低いなど、ファンダメンタルズがしっかりしているREITであることも確認したい。

最後に、株価のパフォーマンスが良く、評判の良いリートを選ぶことが重要です。株価に影響を与えるような大きな財務上の問題がないことを確認する。

REITにいくら投資すればいいのか?

不動産投資信託(REIT)に関して、最も重要なことは、あなたの投資目標です。特定のセクターや地域に投資したいのか、それとも分散投資のメリットを活かしたいのか。これらの質問に答え、それぞれのREITオプションに関連するリスクとリターンを個別に評価したら、ポートフォリオの配分を考え始めることができます。

一般的に、REITはキャピタルゲインと配当収入の2つのリターンを投資家に提供します。個々のREITのパフォーマンスには様々な要因がありますが、全体として、安定性と一貫した成長をもたらすことで、長期的に他の資産クラスをアウトパフォームする傾向があります。したがって、慎重に投資すれば、REITへの適切な配分は、過度のリスクを伴わずに市場水準を上回るトータルリターンをもたらすはずです。

お客様のポートフォリオの規模やリスク許容度に応じた適切な比例配分比率を算出するために、https://www.investopedia.com/articles/real-estate/reit-calculator/ にある計算機をご利用になることをお勧めします。

REITに投資した場合の税金はどうなるのでしょうか?

REITに投資する場合、いくつかの税制上の問題があります。まず、REITから支払われる配当金には、法人と個人の両レベルで税金が課されます。第二に、年の途中でREIT株式の売買を検討する場合、キャピタルゲイン税の割引を利用するために、年末までに売買を行うことが有益な場合があることです。最後に、投資に関する決定をする際には、経験豊富なファイナンシャル・アドバイザーに相談し、潜在的な税金の影響をすべて理解することが重要です。

REIT投資でポートフォリオを分散する方法は?

  1. 現在の財務状況を確認し、ポートフォリオに有効なREIT投資の可能性があるかどうかを確認してください。
  2. さまざまな種類のREITを調べ、自分の投資目標やリスク許容度に合ったものを選びましょう。
  3. 各REITの株価やリターンに影響を与えるため、今後の動向にも注目しましょう。
  4. 不動産投資信託は複雑な投資であり、時間の経過とともに資産全体に大きな影響を与える可能性があるため、投資する前に必ず専門のファイナンシャル・アドバイザーに相談してください。

.投資家がREITに投資する際に陥りがちな失敗とは?

  1. REITのリスクを理解していない。
  2. 長期的な成長性ではなく、短期的なリターンを重視する。
  3. リターンを最大化するために、異なるREITにポートフォリオを分散していない。
  4. 投資プロファイルやニーズに合わせて最適なREITを選ぶために、ファイナンシャル・アドバイザーを利用していない。