学生ローンの免除の結果はどうなりますか?

発行時間: 2022-09-19

学生ローンの免除が悪い考えである理由はいくつかあります。

第一の理由は、実際にはより多くの借金につながる可能性があるということです。誰かがローンを免除された場合、彼らは、免除された元の金額をカバーするために、追加のローンを引き受ける誘惑に駆られるかもしれません.これはすぐに合計され、元の学生ローンを最初から借りていなかった場合よりも大きな債務負担を生み出す可能性があります.

学生ローンの免除に関するもう1つの問題は、個人が人生で成功する可能性を実際に減らす可能性があることです.赦しとは、通常、借り手がローンの支払いを行う必要がなくなることを意味します。これにより、借金をまだ返済しなければならない人よりも、経済的に大きな利点が得られます。これにより、何年にもわたって借金を返済することを心配する必要がないため、一生懸命働いたり、学校で一生懸命努力したりする必要がないと考える人もいる可能性があります。これは最終的に彼らを貧困へと導く可能性があります.

要するに、学生ローンの免除が悪い考えである理由はたくさんあります.学生が教育や将来のキャリア目標に資金を提供する最善の方法を考えるとき、このオプションを考慮しないことが最善です。

学生ローンの免除は経済にどのような影響を与えるでしょうか?

学生ローンの免除は、いくつかの理由で悪い考えです。まず、納税者に数十億ドルの費用がかかります。第二に、学生が許しを受けるために、より多くの借金を負うように動機付けることになり、最終的に学生ローンのデフォルトが増え、金利が上昇することになります。最後に、それは政府の予算に大きな穴を作ることになり、増税や他のプログラムの削減によってしか埋められなかった.

学生ローンの免除で得をするのは誰ですか?

学生ローンの免除から恩恵を受ける人は少数です。

恩恵を受ける最初のグループは、多額の借金を抱えており、返済する余裕がない人です。これらの人々が学生ローンを持っている場合、学生ローンの免除を申請することで、それらを完全に取り除くことができます.これにより、他の請求書や借金の支払いに使用できる多くのお金が解放されます。

学生ローンの免除の恩恵を受ける別のグループは、学校で苦労しているが、仕事が昇進の機会を提供していないため、学位を取得する必要がある人です.これらの人々は、学生ローンの免除を申請することで借金をいくらか軽減できるかもしれませんが、借金を完全になくすことはできません.

最後に、ローンを滞納し、それ以来支払いができていない人もいます。これらのローンを許すことによって、政府は本質的に、これらの借り手はもはや信用に値せず、夢をあきらめるべきだと言っている.これは公平でも合理的でもありません。これらの借り手にとって、今後さらに困難が生じるだけです。

学生ローンの免除によって最も被害を受けるのは誰ですか?

学生ローンの免除が悪い考えである主な理由がいくつかあります。最初の最も明白な理由は、それによって最も被害を受ける人々、つまり教育費を支払うためにローンを組んでいる学生を傷つけるということです。学生ローンの免除は本質的に、学生が教育に投資したお金を政府が返済していることを意味し、多くの経済的困難につながる可能性があります.さらに、学生ローンの免除は、ローンの返済を心配する必要がなくなるため、より多くの学生が高価な学位を取得するために借金を負うインセンティブを生み出します。これにより、さらに多くの債務が蓄積され、最終的には学生ローンのデフォルト率が高くなる可能性があります。最後に、学生ローンの免除を与えることは、モラルハザードも生み出します。つまり、将来の世代の借り手が、長期的な結果を考慮せずに不必要な借金を負うようになることを意味します.これらすべての要因により、学生ローンの免除は、経済的および社会的観点から非常に悪い考えになっています。

学生ローンの免除は、解決するよりも多くの問題を生み出すでしょうか?

学生ローンの免除が悪い考えである理由はいくつかあります。まず、解決するよりも多くの問題を生み出します。たとえば、多額の借金を抱えている人がローンを免除した場合、借金を全額または期限内に返済する可能性は低くなります。これは、将来的にさらに多くの借金や財政難につながる可能性があります。第二に、学生ローン免除プログラムでは、借り手は、免除された後も長期間にわたってローンを返済することを約束する必要があることがよくあります。借り手が返済義務を怠った場合、当初は免除されていたすべてのお金と、利息と罰金を返済しなければならなくなる可能性があります。最後に、学生ローンの免除を受けた一部の人々は、実際にはそれを必要としない場合があります.たとえば、収入が少ない場合や信用履歴がない場合は、ほとんどの種類の学生ローン免除プログラムを受ける資格がない可能性があります。このような場合、ローンを免除すると、実質的な利益は得られず、借金の負担が増えるだけで、実際には状況が悪化する可能性があります。

学生の借金の問題に対処するためのより良い方法はありますか?

学生ローンの免除は、いくつかの理由で悪い考えです。まず、納税者に数十億ドルの費用がかかります。第二に、学生は借金について心配する必要がなくなるため、将来もっとお金を借りる動機になります。第三に、ローンを許す余裕のある人が他の人よりも優位に立つことができる、二重の教育システムを作成します。最後に、学生ローンの免除は、将来的に借金の一部または全部を取り除くことができるとわかっている場合、人々が追加の借金を負う可能性が高くなるため、実際には学生の借金の全体的なレベルの増加につながる可能性があります.

学生ローンの免除が意図しない結果をもたらす可能性は何ですか?

このようなポリシーを実装する前に、学生ローンの免除によって意図しない結果が生じる可能性があることを考慮する必要があります。まず、学生がローンを返済する必要がなくなった場合、デフォルトや延滞が増加する可能性があります。第 2 に、政府が社会福祉プログラムの一環として学生ローンを大量に免除した場合、将来的にかなりの予算コストが発生する可能性があります。最後に、学生ローンの免除を提供すると、ローンを返済できなくなるのではないかという恐れから、実際に学生が高等教育を求めることを思いとどまらせる可能性があります。学生ローンの免除を提供するかどうかを決定する前に、これらすべての要因を慎重に検討する必要があります。

学生ローンの免除は税金にどのように影響しますか?

学生ローンの免除は、税金にマイナスの影響を与えるため、悪い考えです。たとえば、現在返済中の学生ローンが 30,000 ドルあり、債務を免除することを決定した場合、政府は実際には、もともと借りていた 30,000 ドルの税金を徴収する責任があります。これは、個人が許しが発生する前よりも多くの税金を支払うことになることを意味します.さらに、誰かが多額の学生ローンの借金を抱えていて、借金を免除することを決定した場合、これは彼らの信用スコアに悪影響を及ぼす可能性があります.これにより、将来のローンや住宅ローンを取得することが難しくなる可能性があります。全体として、学生ローンの免除は、個人の財政と生活全体の両方に悪影響を及ぼすため、悪い考えです。