PPPローンの要件は何ですか?

発行時間: 2022-05-27

PPPローンの承認を受けるために必要なものがいくつかあります。最も重要な要件は、プロジェクトが実行可能であり、貸し手の要件を満たすことです。また、財政の安定性に関する文書と、ローンの返済に必要なリソースがあることを証明するものを提出する必要があります。最後に、貸し手のガイドラインと条件に従うことに同意する必要があります。これには、とりわけ、引き受けることができる債務の制限が含まれる場合があります。これらの要件がすべて満たされている場合は、アプリケーションを迅速かつ簡単に処理する必要があります。

PPPローンの資格を得るにはどうすればよいですか?

PPPローンは、借り手が公的プロジェクトの資金調達に民間資金を使用できるようにするローンの一種です。PPPローンの資格を得るには、特定の要件を満たす必要があります。これらの要件は、探しているPPPローンの種類によって異なりますが、一般的には、十分な信用があり、ローンを返済できる必要があります。また、プロジェクトに資金を提供し、貸し手によって課せられた他の条件を満たす能力を証明する文書を提供する必要があるかもしれません。PPPローンの取得に関心がある場合は、決定を下す前に、資格のあるファイナンシャルアドバイザーまたは貸し手と話すことが重要です。

誰がPPPローンの対象になりますか?

PPPローンはあらゆる規模の企業が利用でき、ローンの要件は貸し手によって異なります。一般的に、あなたは良い信用を持っていて、タイムリーにローンを返済することができなければなりません。また、ビジネスが実行可能であり、成功する可能性が高いことを示すドキュメントを提供する必要がある場合もあります。

PPPプログラムを通じて借りることができる最大額はいくらですか?

PPPローンは、信用履歴が良好で収入が安定している借り手が利用できます。あなたがPPPプログラムを通して借りることができる最大額は500万ドルです。また、農業業界で2年以上の経験がある、農業組織に所属しているなど、特定の要件を満たす必要があります。

PPPローンの返済期間はどれくらいですか?

PPPローンは通常、10〜15年の期間にわたって返済されます。ただし、この規則にはいくつかの例外があるため、返済スケジュールの正確な見積もりを取得するには、ローンの専門家に相談することが重要です。一般的に言えば、PPPローンの返済が早ければ早いほどよいでしょう。支払い遅延にはペナルティがありますので、できるだけ早くローンの返済を開始することをお勧めします。

PPPローンの返済には猶予期間がありますか?

PPPローンの返済には猶予期間はありません。ローンは指定された時間枠内に全額返済されなければなりません、さもなければ借り手は罰則および/または利息に直面するかもしれません。

承認された費用に使用した場合、PPPローンを免除することはできますか?

PPPローンは、借り手がインフラプロジェクトのための手頃な資金調達にアクセスできるように設計されています。ただし、承認された費用に使用された場合、ローンは許可される場合があります。ローンを許すために満たさなければならないいくつかの要件があります。借り手は、従来の資金調達を取得できず、特定の適格基準を満たすことができなかったに違いありません。さらに、プロジェクトは完了している必要があり、ローンに未払いの債務があってはなりません。詳細については、資格のあるファイナンシャルアドバイザーにお問い合わせください。

Pppローンを申請するには、どのような書類を提出する必要がありますか?

  1. あなたはあなたの収入と資産の文書を提供する必要があります。
  2. あなたはあなたのクレジットスコアの文書を提供する必要があります。
  3. あなたはあなたの現在の債務負担とあなたがその債務をどのように返済する予定であるかについての文書を提供する必要があるでしょう。
  4. あなたはあなたの経済的安定性の文書を提供する必要があります。
  5. あなたはタイムリーにローンを返済するあなたの能力の文書を提供する必要があります。

給与保護プログラム(「PPP」)ローンを受け取った場合、私のビジネスはSBAレビューの対象になりますか?

PPPローンは、雇用主が破産した場合に従業員に経済的保護を提供するローンの一種です。PPPローンの要件は他の種類のローンとは異なり、PPPローンを受け取った場合、ビジネスはSBAレビューの対象となる可能性があります。PPPローンの資格を得るには、ビジネスが特定の要件を満たしている必要があります。これには、少なくとも50人の従業員がいて、特定の負債対収入の比率を満たすことが含まれます。さらに、あなたのビジネスは良い信用を持っていて、3年以内にローンを返済することができなければなりません。これらの要件を満たしていない場合、あなたのビジネスはPPPローンの対象とならない可能性があります。ただし、これらの規則にはいくつかの例外があります。たとえば、自営業者であるか、会社の株式の5%未満しか所有していない場合でも、PPPローンの対象となる可能性があります。さらに、あなたの会社が第11章破産手続き中であるか、裁判所によって破産したと宣言された場合でも、PPPローンの資格を得ることができます。

外資系企業は米国の銀行から給与保護プログラムの融資を受けることができますか?

PPPローンは、企業が米国の銀行から取得できるローンの一種です。PPPローンを取得するための要件は銀行によって異なりますが、通常は十分な信用を持ち、ビジネスが解決していることを証明できる必要があります。また、監査済みの財務諸表や、ローンの資格があることを確認する銀行家からの手紙など、ビジネスの財務の安定性に関する文書を提出する必要がある場合もあります。一部の銀行は、会社が所有する資産や関連会社の株式など、PPPローンの担保も必要としています。

自営業の場合、給与保護プログラム(ppp)を申請するときに、給与コストを計算するにはどうすればよいですか?

PPPを申請する際に考慮する必要があることがいくつかあります。1つ目は、ビジネスの給与コストを計算し、アプリケーションとともに提出する準備ができている必要があるということです。PaychexやQuickBooksなど、さまざまなオンラインツールやサービスを使用してこれを行うことができます。給与コストを計算したら、それらをアプリケーションパッケージに含める必要があります。

あなたが考慮したい2番目のことはあなたのビジネスがPPPの資格があるかどうかです。資格を得るには、会社が破産しており、総資産が100万ドル未満であり、その他の特定の要件を満たしている必要があります。これらの条件がすべて満たされている場合、PPPは破産プロセス中に賃金の一部を保護するのに役立つ可能性があります。ただし、このプログラムは限定的であり、特定の種類のビジネスにのみ適用されることに注意することが重要です。したがって、あなたのカテゴリがこれらのカテゴリの1つでない場合でも、まだ希望をあきらめないでください。他のオプションを利用できる可能性があります。

最後に、申請する前に、PPPに関連するすべての契約条件を理解していることを確認してください。これにより、破産プロセス中にすべてがスムーズに進むようになります。

12経済的傷害災害ローンの前払いはまだ存在し、給与小切手保護プログラムのローン許し申請とどのように比較または関連していますか?

経済的傷害災害ローンの前払いはまだ存在し、それは給与小切手保護プログラムのローン許し申請とどのように比較または関連していますか?

ローンの許しの申請は、経済的傷害の災害の影響を受けた個人が連邦政府の学生ローンを許されることを可能にするプロセスです。このタイプのローンの許しの要件は、経済的傷害災害ローンの前払いの要件とは異なります。

ローン免除申請の資格を得るには、経済的傷害災害の影響を受けたことや、ローンの返済に合理的な努力を払ったことなど、特定の要件を満たしている必要があります。また、保険証券や納税申告書のコピーなど、状況の文書を提出する必要がある場合もあります。

経済的傷害災害ローンの前払いは、経済的緊急事態の影響を受けた個人に救済を提供する政府支援の財政支援プログラムです。このプログラムの適格性は、収入レベルや信用履歴などの要因によって異なります。プログラムを通じて受け取ることができる最大金額は、1人あたり2,500ドルです。

給与小切手保護プログラムを通じてローンの許しの申請に興味がある場合は、必ず貸し手に直接連絡してください。多くの貸し手は、顧客サービスの一部としてこのタイプのサービスを提供しています。

13中小企業庁(SBA)からの給与保護プログラム(PPP)ローンの資格がない、または望まない場合に利用できる他の資金調達オプションは何ですか?

中小企業庁(SBA)からのPPPローンの資格がない、または望まない場合は、他にもいくつかの資金調達オプションを利用できます。

1つのオプションは、民間ローンを調べることです。これらは入手が難しい場合がありますが、政府のローンよりも条件が良い場合があります。

別のオプションは、助成金を調べることです。助成金は、多くの場合、政府機関、非営利団体、または民間財団から入手できます。ローンよりも要件が少なくなりますが、特定の適格基準を満たす必要がある場合があります。

最後に、友人や家族からお金を借りることを検討することができます。これはリスクを伴う可能性がありますが、他のオプションのいずれにも適格でなく、迅速な現金が必要な場合のオプションです。