税額控除とは何ですか?

発行時間: 2022-04-09

税額控除とは、税金を1ドル単位で減額することです。例えば、1000ドルの税金を払っている人が100ドルの税額控除を受けた場合、税金は900ドルに減額されることになる。税額控除は、低所得者や子供がいるなど、一定の条件を満たした納税者に適用されることが多い。

税額控除はどのようなメリットがあるのですか?

税額控除は、所得税を減らすことで利益を得ることができます。例えば、1000ドルの税金を払っている人が100ドルの税額控除を受けた場合、税金は900ドルに減額されることになる。

タックスクレジットの種類は?

税額控除には、還付可能なものと還付不可能なものの2種類があります。

還付可能な税額控除は、税額を減らすために使用することができ、控除額が支払うべき税額を上回った場合には、還付を受けることができます。

還付不可能な税額控除は、税額を減らすためにのみ使用できます。控除額が支払うべき税額を上回ったとしても、還付されることはありません。

税金を払っていない場合、タックスクレジットを申請できますか?

いいえ、税金を払っていない場合は、税額控除を申請することはできません。税額控除は、支払うべき税金の額を1ドル単位で減らすものです。したがって、納税義務がない場合、税額控除で納税額をゼロにすることはできません。

税額控除の対象となるかどうかは、どのように判断すればよいですか?

税額控除を受けるには、まず自分が対象者であるかどうかを判断する必要があります。そのために、次の質問に答えてください。

-資格のあるお子さんはいらっしゃいますか?

-あなた、またはあなたの配偶者(共同申請の場合)は、失明または身体障害者ですか?

-あなたは自分自身や他の人をサポートしていますか?

-あなたの申告状況(独身、結婚している、別居しているなど)を教えてください。

これらの質問のいずれかに「はい」と答えることができれば、税額控除の対象となる可能性があります。ただし、それぞれのクレジットには、適用を受けるためのルールや要件が定められているので、適用を受けると決めつける前に、それぞれのクレジットについて十分に調べておくことが大切です。主な税額控除は、EITC(Earned Income Tax Credit)、CTC(Child Tax Credit)、AOTC(American Opportunity Tax Credit)、LLC(Lifetime Learning Credit)の4種類であり、このうち、EITCは、所得税と住民税の控除、CTCは、所得税の控除、AOTCは、住民税の控除、そして、LLCは、生涯学習控除である。

控除と税額控除の違いは何ですか?

控除とは課税所得から差し引くことができる費用で、税額控除とは税金の負担を1ドル単位で軽減するものです。つまり、控除は課税対象となる所得を減らし、税額控除は支払うべき税額を減らすということです。

タックスクレジットの申請について、他に知っておくべきことはありますか?

税額控除を申請する際には、いくつかの注意点があります。まず、クレジットの対象であるかどうかを確認します。税額控除にはさまざまな種類があり、それぞれに適用条件があります。2つ目は、出費を把握することです。控除を申請するためには、経費を証明する書類が必要です。最後に、確定申告は必ず期限内に行いましょう。期限を過ぎると、控除が受けられなくなる可能性があります。