選択cセクションとは何ですか?

発行時間: 2022-09-21

選択的帝王切開は、母親や赤ちゃんの健康には必要のない手術です。通常、出産に問題がある場合、たとえば大きな赤ちゃんや、赤ちゃんに特定の先天性欠損症がある場合に行われます。保険は通常、選択科目の c セクションの費用を負担します。選択科目の c セクションを選択する理由にはどのようなものがありますか?誰かが選択的な c セクションを持っているかもしれないいくつかの理由は次のとおりです。母親が経膣分娩を避けたい場合。母親が自分の子供を自然分娩することを望まない場合.いいえ、保険は選択科目の c セクションの費用を常に支払ってくれるとは限りません。保険が選択的 c セクションをカバーするかどうかに影響を与える可能性のある要因には、次のようなものがあります。母性ケアのための計画の予算で利用できる金額。選択的切除の代わりに他の処置が推奨されているかどうか. 選択的切除の全費用を保険会社に負担させることはできますか?それは、ポリシーと特定の状況によって異なります。保険会社に費用の一部を負担してもらうか、自己負担する必要がある場合があります (保険会社からの支援はありません)。私が帝王切開で子供を出産することを選択した場合、私は私は健康な子供を保証しますか?一般的に経膣分娩よりも安全だと考えられていますが、帝王切開で健康な子供が生まれるという保証はありません。ただし、母親の年齢、体重、喫煙状況などの要因はすべて、帝王切開が将来の合併症につながる可能性に影響を与える可能性があります。すべて、どのようなオプションがありますか?経腟分娩を試すこともできますが、これが常に成功するとは限りません。経腟分娩を試みる女性の約 5 人に 1 人は、合併症 (裂傷など) のために別の手術が必要になります。または、自然分娩を選択することもできますが、これも常に可能というわけではありません. すべての妊娠の約半分は、分娩中に痛みがまったく緩和されないため、あなたとあなたのパートナー/夫の両方にとって、肉体的にも精神的にも非常に困難になる可能性があります.

選択科目の c セクションを選択する理由は何ですか?

選択科目の c セクションを選択する理由はいくつかあります。一部の女性は、子宮にがんが発生するリスクが高いなど、医学的な理由で手術が必要だと感じる場合があります。他の人は、陣痛と分娩を完全に避けたいだけかもしれません.理由が何であれ、選択的帝王切開を受けるかどうかを決定する前に、すべてのオプションを比較検討することが重要です。選択的帝王切開には、自然分娩よりも多くの利点があります。1つには、経膣分娩よりもはるかに迅速で複雑ではない可能性があります.また、感染症や出血などの合併症のリスクも低くなります。場合によっては、選択的帝王切開は麻酔なしで行うことさえできます!ただし、選択科目の c セクションを持つことには、いくつかの潜在的な欠点もあります。何よりもまず、自然に配達するよりも費用がかかる可能性があるという事実です.2 つ目は、陣痛または分娩中に合併症が発生した場合 (たとえば、赤ちゃんの頭に過度の圧力がかかっている場合)、必ずしも帝王切開で赤ちゃんを出産できるとは限らないという事実です。最後に、選択的帝王切開の後、出産をあまり楽しめないと感じる人もいますが、これは人によって大きく異なります。最終的には、選択的帝王切開を受けるかどうかを決定する前に、選択肢について医師と話し合うことが重要です。」

帝王切開 (C セクション) を希望するかどうかの個人の選択は、個人の好みと出産自体に関する健康上の懸念に大きく依存します。しかし、一般的に言えば、帝王切開は経膣分娩よりもいくつかの利点があります。感染リスクの低下;出血の可能性の減少;分娩中の身体的不快感/痛み、および一般的な押し込み/出産プロセスに関する不安の両方のために経膣分娩を望まない母親のための能力 - 手術環境により容易に適応 - 術後の回復時間が早い

帝王切開に関連するいくつかの欠点は次のとおりです。将来的に追加の手術が必要になる可能性が高くなります(膀胱脱の再手術など)。出産後の女性における大うつ病の発生率の増加。出産直後、赤ちゃんの体重が母親の胸に直接かかり、不快感と充血を引き起こすため、母乳育児が困難になります。 VBAC手術と比較した場合、手術後の入院期間が長くなるのは、主に、その不足ではなく、二次的に発生する費用が大きいためです

これらの要因が個々の女性の希望/懸念と比較検討される限り、最終的には彼女自身の個人的な好みが、その時点での特定の状況に応じて、経膣分娩または帝王切開のいずれかで、望ましい結果に向けてどのルートを取るかを決定します.

選択科目の c セクションの通常の費用はいくらですか?

選択科目の c セクションの費用は、関連する特定の状況によって異なるため、この質問に対する答えは 1 つではありません。ただし、平均して、c セクションの費用は 5,000 ドルから 15,000 ドルです。この価格帯には、実際の手術自体だけでなく、必要な術後ケアも含まれています。

選択的cセクションの費用は保険でカバーされますか?

この質問に対する答えは、加入している保険の種類や、手術が保険でカバーされているかどうかなど、さまざまな要因に依存するためです。とはいえ、緊急事態とみなされない限り、ほとんどのポリシーは選択的 c セクションをカバーしていません。医療上の理由で行う必要がある場合は、保険で費用の一部または全部がカバーされる場合があります。ただし、一部のポリシーでは c セクションなどの手順が除外されていることに注意してください。決定を下す前に、必ず保険会社に補償範囲について問い合わせてください。

選択科目の c セクションの費用が保険でカバーされない場合、どのように支払うことができますか?

選択科目の c セクションの支払い方法はいくつかあります。手術費用をカバーする財政支援プログラムまたは政府プログラムを探すことができます。また、保険会社が手術費用を負担してくれるかどうかを尋ねることもできます。保険会社が手術の費用をカバーしていない場合は、手術の割引料金を提供する民間の医療提供者を見つけることができる場合があります。場合によっては、手術費用を寄付してくれる家族や友人から助けを得ることができるかもしれません。最後に、手術費用を前払いするためにクレジット カードまたはローンを使用することを検討することもできます。そうすれば、借金が減り、長期的に返済できるようになります。

選択科目の c セクションを持つことに関連するリスクはありますか?

選択科目のcセクションに関連するいくつかのリスクがありますが、それらの大部分は比較的軽微です.最も一般的なリスクは、手術が成功しない可能性があり、母親が追加の手術や満期出産を必要とすることになる可能性がある.まれに、選択的帝王切開が感染症や失血などの深刻な合併症につながる可能性があります。ただし、これらのリスクは通常、手術を受けるメリットに比べて非常に小さいものです。

もう1つの潜在的なリスクは、母親が帝王切開後の出産中に合併症を経験する可能性があることです.ただし、これも通常は非常にまれです。全体として、選択的帝王切開が母親とその赤ちゃんにとって良い選択である理由はたくさんあります。行うことを検討している場合は、関連するすべてのオプションとリスクについて医師に必ず相談してください.

選択科目のcセクションを持つことの利点は何ですか?

選択科目の c セクションを持つことには、次のような多くの利点があります。

  1. 帝王切開は、経膣分娩よりも迅速で低侵襲な手術です。
  2. 経膣分娩後より帝王切開後のほうが授乳しやすいかもしれません。
  3. 分娩中に合併症がある場合、または赤ちゃんが未熟児で生まれた場合は、選択的帝王切開が最適な選択肢となる場合があります。
  4. 経膣分娩の代わりに選択的帝王切開がある場合は、出産後の計画がより柔軟になる可能性があります。

自分が選択科目の c セクションに適しているかどうかはどうすればわかりますか?

選択科目の c セクションの適切な候補者であることを確認するためにできることがいくつかあります。まず、帝王切開があなたに適しているかどうかについて医師に相談してください。第二に、手術前に対処する必要があるかもしれない健康上の懸念を考慮してください。最後に、手順をスケジュールする前に、あなたと主治医が必要なすべての情報を持っていることを確認してください。すべてが計画通りに進めば、選択的帝王切開は比較的痛みが少なく、母親と赤ちゃんの両方に多くの利点をもたらすはずです.

選択科目の c セクションをスケジュールするにはどうすればよいですか?

選択科目の c セクションをスケジュールする方法はいくつかあります。医師のオフィスに電話して予約を依頼するか、オンラインでサービスを提供しているクリニックを探すことができます。

また、保険が手術費用をカバーするかどうかも検討する必要があります。一部またはすべての手順を支払うプランもあれば、必要な医療費のみをカバーするプランもあります。手術の予定を立てる前に、健康保険の提供者に補償範囲について相談する必要があります。

選択科目のcセクション中および後に何を期待すべきですか?

選択科目の c セクションの最中と後に期待できることはたくさんあります。施術内容によっては多少の痛みや不快感を伴う場合がありますが、一般的には短時間です。手術後はできるだけ安静にし、脱水症状を避けるために水分を十分に摂取してください。ケアや回復について質問がある場合は、必ず医師または看護師に尋ねてください。最後に、医療提供者の処方に従って、推奨される術後の薬をすべて服用してください。