クレジットカードのキャッシュバックとは?

発行時間: 2022-09-21

キャッシュバック特典は、クレジットカード会社が顧客にキャッシュバックの形で提供する報酬の一種です。このタイプの報酬は、他の形態の収入と同様に課税対象となります。キャッシュバック特典を受ける資格を得るには、対象となる購入を行っていることや毎月のカード利用額が最低額であることなど、特定の要件を満たす必要があります。

キャッシュバック特典は、現金として引き換えることも、毎月の請求額を減らすために使用することもできます。IRS は、使用方法に関係なく、すべての形態のキャッシュ バック報酬を課税所得と見なしています。たとえば、キャッシュバックの特典をギフト カードや商品と引き換えた場合、IRS はその取引を販売と見なし、受け取ったギフト カードや商品の価値に課税されます。

食料品やガスなどの日常的な支出にクレジット カードを使用する場合、IRS はそれらの取引を通常の購入として扱い、キャッシュバック特典を獲得するための適格な購入としては扱いません。したがって、これらの取引で報酬を獲得することはありません。

幸いなことに、ほとんどのクレジット カード会社は、独自の特典プログラムに固有の税金に関するヒントを提供しているため、ユーザーは対象となる購入とは何か、それに応じて収益を報告する方法を知ることができます。クレジットカードのキャッシュバックが課税対象かどうかについて質問がある場合は、会計士または税の専門家に相談してください。プロセスを案内してくれます。

クレジットカードのキャッシュバックはどのように計算されますか?

キャッシュバックは、クレジットカード会社が提供する特典の一種です。購入価格のパーセンテージとして計算され、通常は商品やサービスの購入に使用できる現金またはポイントで償還できます。

IRS は、他の形式の報酬と同様に、キャッシュ バックを課税対象の収入と見なしています。これは、毎年の納税申告書ですべてのキャッシュ バック収益を報告する必要があることを意味します。

この規則にはいくつかの例外があります。まず、クレジット カードをビジネス目的で使用する場合 (たとえば、会社が後援する福利厚生の対象となる従業員である場合)、クレジット カード会社はキャッシュ バックを特典ではなく課税所得として扱う場合があります。第二に、一部の州では、居住者が課税所得から特定の種類の報酬を除外することを許可しています。

クレジットカードのキャッシュバックは収入とみなされますか?

クレジット カードからキャッシュ バック特典を受け取った場合、その特典を無料のお金と考えたくなるかもしれません。ただし、IRS はこれらの報酬を収入と見なします。これは、報酬の価値に対して税金を支払う必要があることを意味します (適用される可能性のある他の税金に加えて)。クレジット カードのキャッシュ バックが課税対象かどうかを判断しようとしている場合は、この点に注意してください。

では、クレジットカードのキャッシュバックは課税対象なのでしょうか?

クレジットカードで買い物をすると、加盟店からキャッシュバックがもらえることがあります。このキャッシュバックは、「クレジットカード特典」と呼ばれることがよくあります。

クレジット カード会社が現金で支払う場合、課税所得と見なされます。これは、IRS が総収入の一定割合を税金として徴収することを意味します。

したがって、クレジット カードを使用して 1,000 ドルの報酬を獲得した場合、IRS はあなたのポケットから 40 ドルを税金として徴収します。

クレジットカードのキャッシュバックにかかる税金を支払うのは発行者か消費者か?

この質問に対する普遍的な答えはありません。これは、居住する法域に依存するためです。ただし、一般的に言えば、クレジットカードのキャッシュバック報酬は、発行者によって課税所得と見なされ、通常は消費者へのリベートとして支払われます。これは、あなたが個人の納税者である場合、報奨金の収益に対して税金を支払わなければならない可能性が高いことを意味します.配偶者と一緒に申告書を提出している場合、獲得したクレジットカードのキャッシュバックは、その年のそれぞれの収入に基づいて、あなたとあなたの配偶者の間で均等に分割されます。法人の場合、クレジットカードのキャッシュバック報酬は課税事業所得と見なされる場合があり、フォーム 1099-MISC で報告されます。どちらの場合でも、クレジットカードのキャッシュバックがあなたの住んでいる場所で課税されるかどうかについて質問がある場合は、税理士に相談してください.

クレジット カードのキャッシュ バック特典に対する税金の支払いを避けるにはどうすればよいですか?

クレジット カードのキャッシュ バック特典の税務上の取り扱いは、個人の特定の状況によって異なる可能性があるため、この質問に対する決定的な答えはありません。ただし、クレジット カードのキャッシュ バック特典に対する税金の支払いを回避するのに役立つヒントには、特典を課税対象の取引 (店舗での使用など) に使用する、納税申告書で報酬を収入として申告する、資金を投資するなどがあります。課税勘定。

クレジット カードのキャッシュ バックが課税対象であるという規則に例外はありますか?

一般的に、クレジットカードのキャッシュバックは課税対象です。ただし、この規則にはいくつかの例外があります。たとえば、キャッシュバックを使用して、税務上食料品と見なされる商品を購入した場合、キャッシュバックは課税対象から除外される場合があります。さらに、一部の州では、居住者が特定の種類の所得を州税および連邦税から除外することを許可しています。これらの州のいずれかに居住し、クレジット カードのキャッシュ バックを受け取った場合、課税が免除される場合があります。税の専門家に相談して、クレジット カードのキャッシュ バックが課税対象かどうか、および例外が適用されるかどうかを判断してください。

クレジット カードのキャッシュ バック特典に対して税金を支払わないとどうなりますか?

クレジット カードのキャッシュ バック特典に対して税金を支払わない場合、IRS は特典を収入と見なします。これは、他の収入と同じように、その収入に対して税金を支払う必要があることを意味します。支払わなければならない税額は、税区分と、控除を項目化するかどうかによって異なります。

クレジットカードのキャッシュバック収入に対して税金を払わないと困ることはありますか?

あなたの特定の状況に依存するため、この質問に対する唯一の答えはありません。一般的に言えば、自分で獲得していないクレジットカードからキャッシュバックを受け取った場合、そのキャッシュバックは課税所得とみなされる可能性があります。あなたが十分に高い税額に属している場合、これにより多額の税金が支払われる可能性があります.さらに、キャッシュバックの収益に対して税金を支払わないと、IRS で問題が発生する可能性があります。会計士や税理士に相談して、自分の状況を正確に把握することが重要です。

すべての種類のカードがキャッシュバック特典を提供していますか?

はい、すべての種類のカードがキャッシュバック特典を提供しています。ただし、特典はカード発行会社によって異なります。一部のカード発行会社は、クレジット カードでのキャッシュ バック購入に対して、他の種類の購入よりも高い報酬率を提供しています。さらに、一部のカード発行会社は、クレジット カードにサインアップして、一定期間内に対象となる購入を行うと、ボーナス ポイントを提供します。旅行や電化製品など、償還価値の高いアイテムの購入に使用すると、さらに価値のある報酬が得られる可能性があります。最終的には、購入を行う前に各カードの利用規約を確認して、キャッシュバック特典が課税対象かどうかを判断することが重要です。

最高のキャッシュバック率を提供するカードの種類は?

キャッシュバックカードに関しては、最高のパーセンテージを提供するいくつかの異なるタイプがあります.一部のカードは購入時にキャッシュバックを提供しますが、他のカードは無料フライトや商品などの特典と交換できるポイントを提供します.

あなたに最適なカードは、あなたの支出習慣と、探している報酬の種類によって異なります。ただし、最も人気のあるキャッシュ バック カードには、Chase Freedom Unlimited や Discover It Miles & Cashback などがあります。これらのカードはすべての購入で大きな割合を提供するため、収益を最大化することを検討している場合は検討する価値があります.

リワードカードをキャッシュバックするには、クレジットが必要ですか?

多くの人は、クレジットカードのキャッシュバック特典は信用度の高い人だけのものだと思っていますが、必ずしもそうではありません.実際、多くのクレジットカード会社は、最低支出要件を満たす人にキャッシュバック特典を提供しています.ただし、キャッシュバック特典カードのメリットを最大限に活用したい場合は、信用度が高いことが重要です。これは、ほとんどのカードが、サインアップ ボーナスやその他の特典を受ける資格を得るために、優れたクレジット スコアを必要とするためです。したがって、キャッシュバック特典カードの取得に関心がある場合は、責任ある財務行動の強力な履歴があることを確認してください.そうしないと、毎月獲得できる報酬や節約できる金額が制限される可能性があります。

.クレジットカードを使用する以外に、キャッシュ リベートを得るにはどのような方法がありますか?

クレジットカードを利用する以外にも、キャッシュリベートを受け取る方法はたくさんあります。その他の方法には、キャッシュバック カードの使用、特定の店舗でのショッピング、ボーナス オファーへのサインアップなどがあります。これらの方法の中には課税対象とならないものがあることを覚えておくことが重要です。そのため、常に税理士に確認する価値があります。