歯科保険とは何ですか?

発行時間: 2022-04-14

歯科保険は、歯科治療の費用をカバーするのに役立つ健康保険の一種です。歯科保険は、クリーニングやX線などの日常的な歯科治療のほか、詰め物、クラウン、ブリッジなどのより高価な歯科治療の支払いに役立ちます。ほとんどの歯科保険プランには、1年間に歯科治療に支払う金額を制限する年間最大給付があります。

歯科保険は何をカバーしていますか?

歯科保険は、予防ケア、修復作業、救急医療など、さまざまな歯科サービスをカバーできます。一部のポリシーは、歯列矯正やその他の歯科治療も対象としています。歯科治療は、歯の問題を抱えている人や、それを発症するリスクのある人にとって重要です。歯のクリーニングや詰め物など、必要な治療費の支払いに役立ちます。多くのプランでは、健康保険プランと組み合わせて使用​​すると、歯科サービスの割引も提供されます。

歯科保険は中かっこをカバーしていますか?

歯科保険は通常、中かっこをカバーしていませんが、いくつかの例外があります。包括的な歯科保険に加入している場合は、中かっこが含まれる場合があります。一部のポリシーでは特に歯科矯正治療が除外されていますが、常にそうであるとは限りません。個人の歯科保険に加入している場合は、中かっこがカバーされているかどうかを確認するためにポリシーを注意深く読むことが重要です。多くのポリシーは特定の種類の治療のみを対象としているため、中かっこについて具体的に質問してください。

歯科保険に加入していない場合、または保険が中かっこをカバーしていない場合は、中かっこを支払うのに役立ついくつかのオプションがあります。銀行や信用組合を通じて民間の資金調達オプションを見つけるか、中かっこの費用を支援できる可能性のあるメディケイドのような政府支援のプログラムを見つけることができます。困っている子供や大人に無料または低コストの歯科矯正治療を提供する慈善団体もたくさんあります。費用は住んでいる場所や必要なブレースの種類によって大幅に異なる可能性があるため、行動方針を決定する前にすべての選択肢を検討することが重要です。

中かっこに対する歯科保険の補償にはどのくらいの費用がかかりますか?

中かっこの歯科保険の補償範囲は、プランごとに大きく異なります。ただし、ブレースの平均コストは通常​​約3,000ドルです。この価格には、初期治療とその後の必要な修理または交換の両方が含まれています。一部の歯科保険プランは、総費用のより少ない割合をカバーする場合がありますが、他のプランは完全にカバーする場合があります。何が利用可能で、何が適格かを確認するために、ポリシープロバイダーと話すことが重要です。

歯科保険はどのくらいの頻度で中かっこをカバーしますか?

歯科保険は通常、6歳以上の子供のためのブレースをカバーします。補償範囲はプランによって異なる場合がありますが、通常はポリシーの一部です。いくつかの例外があります。たとえば、子供が中かっこを必要とする状態にあり、歯科保険で中かっこがカバーされていない場合や、過去に中かっこがあり、適用範囲が切れている場合などです。何がカバーされ、何がカバーされていないかを保険会社に確認することが重要です。

歯科保険でカバーされるブレースの種類に制限はありますか?

この質問は特定の歯科保険契約とその保険契約の条件に依存するため、明確な答えはありません。ただし、ほとんどの歯科保険契約は、保険会社によって設定された補償範囲の制限に応じて、通常3〜18歳の子供のためのブレースをカバーします。さらに、多くの歯科保険契約は、歯のホワイトニングやベニアなど、他の種類の口腔医療サービスも対象としています。したがって、子供のためにブレースを使用することを検討している場合は、保険会社に、それらがカバーされているかどうか、およびカバーの制限が何であるかを確認することが重要です。

すべての歯科保険会社は中かっこをカバーしていますか?

それは歯科保険会社と彼らの特定の方針に依存するので、この質問に対する普遍的な答えはありません。ただし、多くの歯科保険会社は、通常、包括的な歯科治療計画の一環として、ブレースの補償範囲を提供しています。あなたがあなたの保険で中かっこをカバーすることを探しているならば、決定をする前に彼らの方針についてあなたのプロバイダーに必ず尋ねてください。

歯科矯正保険が有効になるまで、歯科保険に加入してからどれくらい待つ必要がありますか?

歯科保険は通常、矯正治療の補償が始まるまでに6か月の待機期間があります。この待機期間により、ポリシーは、あなたが実際に補償の対象であり、治療が必要であることを確認できます。歯科矯正治療は費用がかかる可能性があるため、治療を開始する前に必ずカバーされていることを確認することが重要です。

実際の治療費に関係なく、ほとんどのプランで歯科矯正治療に払い戻される最大金額はありますか?

患者が登録されている特定の歯科矯正計画とその計画の条件に依存するため、この質問に対する明確な答えはありません。ただし、ほとんどの歯科矯正計画では、実際の治療費に関係なく、通常、歯科矯正治療の総費用が10,000ドルを超えて患者に払い戻されることはありません。患者が特別なニーズを持っている場合、または必要な治療が特に広範囲にわたる場合、この制限は引き上げられる可能性があります。

個人が複数のプランを持っている場合、両方のプランが中かっこの費用を支払うのでしょうか、それとも1つのプランだけで支払うのでしょうか。

個人が複数のプランを持っている場合、両方のプランが中かっこの費用を支払うのでしょうか、それとも1つのプランだけで支払うのでしょうか。

歯科治療に関しては、多くの人が複数の保険に加入しています。これは、何かが起こって歯科治療が必要になった場合に備えて、すべての拠点をカバーしたい場合に役立ちます。ただし、これは、中かっこに支払うプランを選択する際にも問題を引き起こす可能性があります。中かっこをカバーする2つの異なるプランがある場合、各プランは費用の一部しか支払わない場合があります。この場合、どのポリシーが最もブレースをカバーするかを決定し、それを資金源として使用する必要があります。保険契約を変更したり、プロバイダーを切り替えたりすると、中括弧の補償範囲も変わる可能性があることを覚えておくことが重要です。したがって、治療を開始する前に、変更を認識していることを確認してください。