ドイツの総債務はいくらですか?

発行時間: 2022-05-15

2019年3月現在のドイツの総債務額は約2.3兆ユーロです。これにより、ドイツは中国に次ぐ世界第2位の債務国となっています。この債務の大部分は国際投資家に負っていますが、政府と家計が占める割合は少なくなっています。

世界的な金融危機後の経済を後押しすることを目的とした政府の刺激策もあって、債務水準は近年上昇している。しかし、公的債務水準の上昇に対する懸念により、一部の投資家はドイツの債券を敬遠し、政府の財政に圧力をかけています。

ドイツの債務負担を測定する方法はいくつかあります。一般的な指標の1つは、国民総所得(GNI)です。これは、すべての公的債務と私的債務を一緒に測定します。GNIは2009年にGDPの126%でピークに達しましたが、その後100%を下回りました。その他の指標には、負債から資産を差し引く純外国負債(NFI)が含まれます。国内総貯蓄(GDS)は、支出に対して人々がどれだけのお金を節約しているかを反映しています。

高水準の債務にもかかわらず、ドイツは依然としてヨーロッパで最も安定した経済の1つです。強力な経済と相まって、財政規律の長い歴史により、納税者や企業に大きな問題を引き起こすことなく、債務を返済することができました。ドイツの高水準の債務が将来の別の金融危機につながる可能性があるという懸念がありますが、これまでのところ、これらの懸念は根拠がないように見えます。

ドイツの債務は他の国と比べてどうですか?

ドイツの公的債務はGDPの約100%です。これは、先進国の平均である約60%よりもはるかに高くなっています。ただし、ドイツの債務対GDP比率は、他のいくつかのヨーロッパ諸国よりも依然として低いです。たとえば、フランスのGDPに対する債務の比率は120%以上であり、イタリアの比率は130%以上です。

ドイツの高水準の債務の理由の1つは、その力強い経済です。ドイツは長年にわたって世界をリードする経済の1つであり、その市民は企業や住宅に投資するためにお金を借りることができました。対照的に、他の多くのヨーロッパ諸国は経済問題に苦しんでおり、それは彼らがそれほど多くのお金を借りることができないことを意味します。

ドイツの高水準の債務に寄与するもう一つの要因は、国の寛大な社会福祉制度です。政府はすべての市民に無料の医療と教育を提供しているため、債務を返済するために資金を調達する必要がある場合、政府がこれらのプログラムへの支出を削減することは困難です。

これらの要因にもかかわらず、ドイツの公的債務がそれほど悪くない理由はいくつかあります。第一に、政府は非常に重く、特に資本からの収入に課税します。これは、高水準の公的債務を抱えることに関連するコストの一部を相殺するのに役立ちます。第二に、ドイツの銀行は貸付慣行において非常に保守的です。つまり、不動産や株式などのリスクの高い投資に資金を貸し出すことには消極的です。これにより、ヨーロッパやその他の場所でドイツの企業や銀行に影響を与える金融危機が発生した場合に発生する可能性のある損害の量が制限されます。最後に、ドイツ人は過去数十年にわたって収入の大部分を節約してきました。これは、将来の経済に問題があり、富を失いすぎないようにするために再び借り始める必要がある場合に対処するのに役立ちます。 「」

債務レベルは、各国の統治機関によって設定された予算の優先順位(課税と社会福祉、投資/成長の見通し、返済能力/政治的安定)により、国によって大きく異なります。債務水準は、特定の国が外国の貸し手(中国など)または国内の貸し手(米国財務省債など)のどちらを借りているかによっても異なります。ギリシャのようないくつかの国は両方のタイプを借りていますが、日本のような他の国は外国の債権者だけを借りています(したがって実際には数えません)。したがって、ある国の「債務」を別の国と全体的に比較すると、異なる定義が適用されるため、必ずしもリンゴ同士であるとは限りません。😕

ただし、グローバルな比較を見ると、相対的な用語が非常に重要であることに疑いの余地はほとんどありません。さまざまなG7諸国が現在どのように債務を負っているのかを示すこの表を検討してください。

ドイツは実際、比較的よくここで出てきます-英国(1兆ポンド)、米国(16兆ドル)、フランス(2兆ドル)、イタリア(3兆ドル)と比較して、国内(2,520億ポンド)と外部(3,370億ポンド)の両方で少ないです&カナダ(3600億ドル)。実際、日本は技術的には「公式」としての資格はありませんがG7加盟国は、量的緩和政策に参加しなくなったため(したがって、新たな対外債務を帳簿に追加していません)、米国、中国、ロシアに次ぐ4番目に債務の多い国にランクされています。😅😳🤷🏼‍♂️#globalissues #internationalrelationships pic.twitter.com/5RXyf0KkzL —レイチェル(@Rachel__Cox)2019年3月15日「ドイツ政府は、他の政府よりも医療や教育などの社会福祉プログラムに比較的多くを費やしています」と説明しています。マイケル・ヒンツェ、シティプライベートバンクのシニアフェロー。 「これは、人々がより少ないお金を稼ぐか、企業がより少ない税金を支払うために税収が減少するとき、政府はローンを返済するために利用できる資金が少なくなることを意味します。 「これにより、ドイツ企業が関与する金融危機が発生した場合の潜在的な損失が制限されます。

ドイツの債務の歴史は何ですか?

ドイツの債務には長く複雑な歴史があります。この国の最初の融資は、ヨーロッパのプロテスタント派とカトリック派の間で戦われた三十年戦争(1618-48)の資金を調達するために行われました。戦後、神聖ローマ帝国は再建するためにお金を必要としていたので、それは外国の貸し手に向けられました。

1684年、国会議事堂は、政府が金と銀のコインを借りることを許可する法律を可決しました。これは、第一次世界大戦に敗れた後にドイツ帝国が解散した1871年まで、戦争やその他のプロジェクトに資金を提供するのに役立ちました。ヴェルサイユ条約は、ドイツにフランスや他の国々への賠償金の支払いを要求し、それが高水準の債務につながった。

第二次世界大戦後、西ドイツは経済をゼロから再建しなければなりませんでしたが、東ドイツはソビエトの支配下にありました。その結果、東ドイツは西ドイツよりもはるかに少ないクレジットへのアクセスを持っていました。1989年、東ベルリンは国境を開き、2年後に西ベルリンと再統一しました。これにより、国の両方の地域で商品とサービスの需要が増加し、西ドイツの債務が増加しました。

今日、ドイツの債務は、第二次世界大戦後に施行された厳格な金融規制のために、ヨーロッパで最も低いものの1つです。政府は、それがそれを買う余裕があるほど裕福な人々だけでなく、すべてのドイツ人に利益をもたらすインフラストラクチャまたは公共事業に使用される場合にのみ、お金を借りることができます。さらに、新しいローンは発行する前に議会で承認される必要があります。これにより、政治家は、将来の結果を心配せずに、スプリーを使い続けることが困難になります。

これらの措置にもかかわらず、ギリシャやスペインなどの一部の国では失業率が高いことと相まって、主にヨーロッパ全体の経済成長率が低いため、近年、債務の持続可能性に問題が生じることがあります。しかし、日本やアメリカなどの他の先進国と比較すると、ドイツ全体の債務は比較的低いままです。

ドイツの債務は時間とともにどのように変化しましたか?

ドイツの債務は何年にもわたって増加しており、それは成長し続けています。2016年、ドイツの公的債務はGDPの131%であり、200年の106%から増加しました。

1つの要因は、ドイツの人口の高齢化です。より多くのドイツ人が引退して社会保障給付を徴収するにつれて、彼らは彼らが働いていたときよりも生きるためにより多くのお金を必要とします。この政府サービスに対する需要の増加は、税金の増加と政府支出の赤字の拡大につながっています。

ドイツの高い債務水準のもう一つの理由は、その強い経済です。強力な輸出と健全な銀行セクターのおかげで、ドイツは2008年の不況時に他国を襲ったような大規模な金融危機を回避することができました。しかし、この繁栄には代償が伴います。ドイツの高水準の債務は、事態がうまくいかなかった場合に将来の経済成長に資金を提供するのに苦労することを意味します(200年のように)

では、ドイツの高額債務について何ができるでしょうか。解決策の1つは、政府が支出を削減するか、税金を引き上げることです。しかし、これらのいずれかを行うと、政情不安や新たな景気後退につながる可能性があります。もう1つの選択肢は、ドイツ国外の投資家(外国政府など)がドイツの債券を購入して経済に資金を注入し、経済刺激を与えると同時に借入コストを削減することです。しかし、最終的にドイツの債務問題を解決するには、3つのオプションすべての組み合わせが必要になる可能性があります。これは、政策立案者がまだ最善の方法を見つけようとしていることです。

  1. 国の債務対GDP比率は、現在、世界で最も高いものの1つです。この増加に貢献した要因は何ですか?

ドイツの債務に貢献した要因は何ですか?

ドイツの債務は長年増加しています。国の経済状況は、この増加と国の借入慣行に重要な役割を果たしてきました。ドイツの債務に貢献した要因のいくつかは次のとおりです。

  1. ドイツの強力な経済:ドイツは長年にわたってヨーロッパで最も強力な経済の1つであり、債務水準を高く維持するのに役立ってきました。ただし、これは長期的には持続可能ではない可能性があり、将来的に問題が発生する可能性があります。
  2. 高水準の政府支出:ドイツは政府のプログラムやプロジェクトに多額の資金を費やしています。これは、経済が好調なことも一因ですが、借りることができるお金がたくさんあることも意味します。
  3. 緩い貸付基準:多くの銀行や他の貸し手は、信用格付けが比較的低い場合でも、ドイツ人にお金を貸してくれます。これにより、ドイツの債務水準は全体的に増加しました。
  4. 金利の上昇:金利は時間とともに上昇し、ドイツ人が債務を返済するのに費用がかかるようになっています。これにより、彼らは既存の債務を支払うことが難しくなり、全体的な債務負担が大幅に増加しました。

政府はドイツの債務をどのように処理しますか?

ドイツ政府はさまざまな方法で債務を処理しています。最も一般的な方法は、投資家に債券を販売することです。これにより、時間の経過とともに債務が返済されます。別の方法は、他の国からお金を借りることです。これもまた、時間の経過とともに債務を返済します。ドイツには、社会保障や失業手当など、債務の支払いに役立つ多くのプログラムもあります。最後に、ドイツは債務を支払うために税金を引き上げることがあります。

ドイツの高い債務水準の結果は何ですか?

ドイツの高い債務水準は、国とその市民に影響を及ぼします。国の高い債務水準は、教育やインフラなどの主要分野に投資する能力を制限しています。さらに、ドイツの高い債務水準は、政府が国際投資家からお金を借りることをより困難にし、それはより高い金利と経済成長の低下につながる可能性があります。最後に、ドイツの高い債務水準は、将来の金融危機のリスクを高めます。

ドイツの債務は持続可能ですか?

国が維持できる債務の額は、経済の安定や歴史などの多くの要因によって異なるため、この質問に対する万能の答えはありません。しかし、経済協力開発機構(OECD)によると、GDPに占めるドイツの公的債務の割合は現在86.5%であり、OECD平均の60%を上回っています。これは、債務水準が上昇し続けると、ドイツが財政難に陥るリスクが高まることを意味します。さらに、ドイツの高水準の政府支出は、高水準の公的債務に貢献しています。そのため、重要な社会プログラムに影響を与えたり、政府支出全体を削減したりせずに、国が債務水準を削減することは難しいかもしれません。全体として、ドイツの公的債務は長期的には持続不可能である可能性があります。

ドイツの債務を削減するためにどのような解決策が提案されていますか?

ドイツの債務は重要な問題です。国は何年もの間その債務を減らすのに苦労してきました、そしてそれは今世界で最も大きいものの1つです。ドイツの債務を削減するために提案された多くの解決策がありますが、それらのほとんどは政治的意思を必要とし、近い将来に実施される可能性は低いです。

提案されている解決策の1つは、ドイツがより緊縮財政を重視する政策を採用することです。これは、政府支出の削減、増税、またはその両方を意味します。ただし、この解決策は多くのドイツ人に人気がなく、国の現在の経済状況を考えると実現可能ではない可能性があります。

もう1つの解決策は、ドイツが資産の一部を売却することです。これには、国有企業の民営化や土地やその他の貴重な資産の売却が含まれる可能性があります。ただし、この解決策には政治的意思も必要であり、ドイツの現在の経済状況を考えると実現可能ではない可能性があります。

全体として、ドイツの債務を削減することは依然として困難な課題です。ただし、国が長期的に財政の安定性を改善したい場合は、検討する必要のあるいくつかの可能な解決策があります。

ドイツの債務削減は経済にどのような影響を与えるでしょうか。

ドイツの債務削減は、投資と雇用創出を増やすことで経済にプラスの影響を与えるでしょう。国の債務対GDP比率は、現在100%を超える史上最高であるため、いかなる削減も歓迎されます。さらに、ドイツの債務を削減することは、投資家の信頼を高め、経済成長を刺激するのに役立ちます。これは賃金と個人消費の増加につながる可能性があり、それが今度は国の経済全体を支えるでしょう。全体として、ドイツの債務を削減することは、国とその市民にとって前向きな一歩となるでしょう。

ドイツの借入コストを削減することは、ドイツの債務水準を削減するのに役立ちますか?

ドイツの債務は何年にもわたって増加しており、現在はGDPの100%を超えています。借入コストが減少した場合、これはドイツの債務水準を下げるのに役立つ可能性があります。ただし、そのような変更を行う前に考慮する必要のある要因がいくつかあります。たとえば、経済が大幅に弱体化した場合、借入コストの削減は債務水準に大きな影響を与えない可能性があります。さらに、借入コストの削減は政府債務にのみ適用される可能性が高く、民間部門の債務は他の国に比べて依然として高いでしょう。最後に、借入コストが大幅に削減されたとしても、ドイツ人は貯蓄を使って自分の借金を返済するのではなく、単に海外からより多くのお金を借りる可能性があります。要するに、ドイツの借入コストを減らすことは、時間の経過とともにドイツの債務水準をいくらか減らすのに役立つかもしれませんが、そのような変化が起こる前に考慮しなければならない多くの変数があります。

ドイツの債務水準を早急に引き下げることに関連するリスクはありますか?13?

ドイツの債務水準を急速に削減することに関連するいくつかのリスクがあります。1つ目は、ドイツの債権者がローンに対してより高い金利を要求する可能性があるため、ドイツの金融危機につながる可能性があることです。もう1つのリスクは、ドイツの経済がそのような高水準の債務をサポートできない可能性があり、国が債務不履行に陥る可能性があることです。最後に、ドイツの債務水準を急速に引き下げることは、ベルリンとそのヨーロッパのパートナーとの間の関係を損なう可能性があります。全体として、ドイツの債務水準をあまりにも早く削減することに関連するいくつかのリスクがありますが、全体として、可能であればそうすることは良い考えのようです。