レーシック手術とは?

発行時間: 2022-09-20

レーシック手術は、レーザーを使用して視力を矯正することにより、視覚障害を持つ人々を助ける外科手術です。レーシック手術は通常、近視、遠視、乱視の人に行われます。レーシック手術は、他の種類の視力の問題を修正するためにも使用できます。

レーシック手術は、目の表面を再形成することによって機能します。レーザーは光波を使用して角膜の層を切り開き、目の新しい修正された形状を作成します。この新しい形状により、より多くの光が網膜に到達し、視力が向上します。

ほとんどの保険プランは、一般的にレーシック手術をカバーしています。ただし、健康保険による補償を受ける資格がある場合は、一部の自己負担費用 (旅費など) を支払う必要がある場合があります。レーシック手術が健康保険でカバーされるかどうかについて質問がある場合は、保険の担当者に相談するか、保険会社のウェブサイトをご覧ください。

レーシック手術の目的は?

レーシック手術は、レーザーを使用して視力の問題を矯正する医療処置です。レーシック手術は、片目または両目の視力を改善するために最も一般的に使用されます。また、近視や遠視など、他の視覚障害の矯正にも使用できます。

レーシック手術の費用は?

レーシック手術のリスクとメリットは?レーシック手術の代替手段は何ですか?

レーシック手術は、視力を改善できる人気のある手術です。レーシックの費用は、受けているレーシック手術の種類と住んでいる場所によって異なりますが、平均で 6,000 ドルから 12,00 ドルの範囲です。

レーシック手術の費用

レーシックの費用は、受けているレーシック手術の種類と住んでいる場所によって異なりますが、平均で 6,000 ドルから 12,00 ドルの範囲です。

-レーシックの費用には通常、手術費用と必要な術後ケアの両方が含まれます。

・保険の内容や経済状況によっては、別途費用(薬代など)がかかる場合があります。

-一部の人々は、民間の健康保険を通じて、または住宅資産に対してお金を借りることによって、自分のレースク処置の費用を支払うことを選択します.

-海外(米国外)でレースク手術を受けることを検討している場合は、為替レートやその他の要因により、費用がはるかに高くなる可能性があることに注意してください.

レーシック手術に関連する多くのリスクがあります

レースク手術が自分に適しているかどうかを判断する前に、そのリスクと利点をすべて理解することが重要です。

  1. レーシック手術には多くのリスクと利点があるため、決定を下す前にそれらを慎重に比較検討することが重要です。考慮すべきいくつかの重要なポイントを次に示します。
  2. レーシック手術には多くのリスクと利点があるため、決定を下す前にそれらを慎重に比較検討することが重要です。考慮すべきいくつかの重要なポイントを次に示します。

レーシック手術は保険適用ですか?

レーシック手術の種類や患者の保険契約など、さまざまな要因に依存するため、この質問に対する普遍的な答えはありません。ただし、多くの健康保険会社は、何らかの形でレーシック手術をカバーしています。

一部の患者は、病歴または収入レベルに基づいて補償の対象となる場合があります。レーシック手術を受ける前に、保険会社と話し合って、自分が保険に加入しているかどうか、および具体的な資格要件が何であるかを判断することが重要です。

健康保険の対象外の場合は、民間の資金源やクレジット カードによる資金調達など、他にもいくつかの選択肢があります。レーシック手術を受けるかどうかを決定する前に、必ずすべての選択肢を調べてください。

レーシック手術から回復するのにどのくらいかかりますか.

レーシック手術は、レーザーを使用して視力を矯正する手術です。レーシック手術からの回復時間は、実施されたレーシック手術の種類によって異なりますが、ほとんどの患者は最小限の不快感を報告しており、数日以内に通常の活動に戻ることができます.ほとんどの人は、レーシック手術後数週間以内に視力が大幅に改善されます. 一部の人は、レーシック手術後に一時的なドライアイやグレア過敏症などの軽度の合併症を経験します.しかし、これらの問題は通常軽度であり、市販の治療法で治療することができます. ほとんどの人は、レーシック手術からの優れた結果を報告し、手術後の視力に自信を持っています.レーシック手術を検討している場合は、特定のニーズと期待について医師に相談してください。

レーシック手術に伴うリスクはありますか?

レーシック手術は、視力の問題に対する一般的で効果的な治療法です。ただし、手術にはいくつかのリスクがあります。レーシック手術を受ける前に、医師はこれらのリスクについて話し合います。最も一般的なリスクには次のようなものがあります。

全体として、レーシック手術に関連するいくつかの小さなリスクがありますが、一般的には手術の利点がそれらを上回ります.保険がレーシック手術またはその他の関連する問題をカバーしているかどうかについて質問がある場合は、医師に相談するか、眼科医に相談して詳細を確認してください。

  1. 目の感染症: 手術前に目の周りがきれいでない場合、レーシックは目の感染症につながる可能性があります。この種の感染を防ぐために、医師はレーシック手術の前後に抗生物質を処方することがあります。
  2. 白内障: レーシックは白内障を引き起こすこともあります。白内障とは、目の水晶体が曇った領域です。白内障は時間の経過とともに進行する可能性があり、外科的除去が必要になる場合があります。
  3. レーシック後の視力低下: レーシックを受けた人の約 10% が、手術後に視力低下を経験します。これは通常、レーザー光が網膜の細胞に損傷を与え、視力が低下するために発生します。このような場合は、視力を改善するために眼鏡やコンタクト レンズなどの追加の治療が必要になる場合があります。
  4. 暗い場所で見えない: レーシックは生来の水晶体の一部を取り除くため、暗い場所 (夜間など) では見えにくくなる可能性があります。これらの時間帯には補助照明が必要な場合や、屋外の暗い場所ではサングラスを着用する場合があります。

レーシック手術の副作用は?

レーシック手術のメリットは?レーシック手術のリスクは?レーシック手術の価格帯は?

レーザー視力矯正またはレーシックとしても知られるレーシック眼科手術は、視力を改善できる人気のある安全な手術です。レーシック手術では、特殊なタイプのレーザーを使用して角膜 (目の透明な外層) を再形成します。多くの人がこの治療を受けた後、優れた結果を報告しています。ただし、レーシック手術にはいくつかの潜在的な副作用があるため、予約する前にそれらを認識することが重要です.

レーシックの副作用には、約 30% の患者でドライアイや頭痛が含まれます。これらの症状は通常、時間の経過とともに軽減しますが、持続する場合は投薬が必要になる場合があります。その他の潜在的な副作用には、かすみ目 (最大 20%)、光過敏 (最大 10%)、レーザーが使用された部位の発赤または痛み (約 5%)、および一時的な視覚障害 (1-2%) が含まれます。 )。まれに、レーシックは失明などの重大な合併症を引き起こす可能性があります。

通常、レーシック手術の利点は、軽微な副作用を上回ります。この治療を受けた患者は、多くの場合、視力の質が改善され、まぶしさや眼精疲労の問題が少なくなります.一部の人々は、奥行き知覚の改善と周辺視野の改善さえ経験しています。レーシックの費用は、場所や保険適用範囲などの要因によって異なりますが、平均して片目あたり 6,000 ドルから 12,000 ドルの範囲です。この治療法を検討している場合は、予約を入れる前に、特定の状況と期待について医師に相談することが重要です。

レーシック手術は永久ですか?

レーシック手術は近視や遠視の治療です。レーザーを使って角膜の形状を変えることで視力を改善する手術です。レーシック手術は、正しく行われれば永続的と見なされますが、レーシック手術後に発生する可能性のあるリスクがいくつかあります.人によっては、ドライアイ、まぶしさ、光の周りのハロー、視力の低下を経験することがあります.これらの問題の多くは、投薬や点眼薬で治療できます。しかし、一部の人はレーシック手術から完全に回復することができず、眼鏡やコンタクトレンズなどの追加治療が必要になる場合があります.通常、レーシック手術は保険が適用されることがほとんどですが、保険会社に相談して、手術を受ける前に適用範囲を確認してください。

レーシックは保険適用ですか?

レーシック手術は、正しく行われた場合、永続的であると見なされます。ただし、手順の後に発生する可能性のあるリスクがいくつかあります。これらには以下が含まれます:

-ドライアイ

-グレア

-ライトの周りのハロー

・視力(視力)の低下

これらの問題の多くは、薬や点眼薬で治療できます。ただし、一部の人々はレーシック手術から完全に回復することができず、眼鏡やコンタクト レンズなどの追加の治療が必要になる場合があります。レーシック手術を検討している場合は、手術費用が保険でカバーされるかどうかについて医師に相談することが重要です。また、オンラインまたはカスタマー サービス センターを通じて保険会社に確認することもできます。

レーシック手術後、どのくらいの頻度でタッチアップが必要ですか?

レーシック手術のリスクとメリットは?レーシック手術後の回復時間は?ドライアイ症候群があってもレーシック手術を受けることはできますか?レーシック手術 - 知っておくべきことレーシック手術を検討している場合、知っておくべきことがいくつかあります。この記事では、手術とは何か、そのリスクと利点、術後に期待できることについて概説します。まず、レーシック手術とは何ですか?レーシック (レーザー in-situ keratomileusis) は、レーザーを使用して近視や遠視などの視力の問題を矯正する外科手術です。レーザーは角膜 (目の前部) を再形成し、メガネやコンタクト レンズなしでよりよく見えるようにします。どのように機能しますか?外科医はまず、超音波装置を使用して目の詳細な地図を作成します。このマップは、最良の結果を得るために各レーザーを角膜のどこに向けるべきかを示しています。次に、実際の手術を行います。外科医は、エキシマ レーザーと呼ばれる薄い刃を眼球の上に置き、パルスで角膜を叩きます。光の。このプロセスにより、角膜の表層に微細な裂傷が生じ、時間の経過とともに徐々に治癒します。時間の経過とともに、これらの小さな裂け目が目立ち、矯正眼鏡やコンタクトレンズが再び必要になるかもしれませんが、視力も大幅に改善されます!リスクと利点レーシックには次のような潜在的なリスクがいくつかあります。しかし、通常は時間の経過とともに消えていきます3) 新しい視力の問題 - ほとんどの人はレーシック治療後に優れた視力を経験しますが、約 1000 人に 1 人の患者が、残留屈折誤差 (眼球を通して入る光の量の誤差) により、ある程度の視覚障害を経験します。このリストは表面をなぞっただけです。詳細については、この重要な決定を下す前に必要なすべての詳細を提供できる私たちのチーム メンバーの 1 人に相談してください。ほとんどの人は、施術後に最小限の不快感を報告し、術後2週間以内に大幅な改善が見られ始めます!回復時間は、年齢、持病などの個々の要因によって異なりますが、通常、患者は手術後 2 ~ 4 週間以内に通常の活動を再開できます。結論として、眼鏡やコンタクトレンズなしでの視力の改善、投薬/治療への依存の減少など、ラシカに関連する多くの潜在的な利点がありますが、この人生を変える手順を受ける前に考慮しなければならない感染や瘢痕などのリスクもあります.

レーシック手術を受けた後、視力は完全に矯正されますか?

レーシック手術後、多くの人は視力が完全に矯正されたと感じるかもしれません.ただし、手術後も合併症が起こる可能性があります。ほとんどの場合、これらの合併症は追加の治療を行わなくても解決できますが、まれに医師の診察が必要になる場合があります。