矯正歯科とは?

発行時間: 2022-09-20

矯正歯科は、歯並びを矯正する専門の歯科です。歯並びや噛み合わせ、歯と歯の間の隙間などの治療に使用できます。矯正治療も笑顔の改善に役立ちます。

ほとんどの保険プランは、通常、矯正治療が医学的に必要な場合に適用されます。特定の補償範囲の詳細については、保険会社と話し合う必要がある場合があります。一般的に補償対象となる一般的な矯正治療には、次のようなものがあります。

ブレース : ブレースは、金属またはプラスチック製のデバイスを使用して歯を適切な位置に保持する矯正治療の一種です。一定期間(通常は 6 か月から 2 年)装着するか、数か月後に取り外して通常の歯科用ブレースと交換することができます。

: ブレースは、金属またはプラスチック製のデバイスを使用して歯を適切な位置に保持する一種の矯正治療です。一定期間(通常は 6 か月から 2 年)装着するか、数か月後に取り外して通常の歯科用ブレースと交換することができます。Invisalign : Invisalign は、透明なアライナー (または「ワイヤー」) を使用して、歯を口から見えないように希望の位置に移動させる、目に見えないタイプのブレースです。アライナーにはさまざまなサイズが用意されているため、自分に最適なものを見つけて、長期間 (通常 12 ~ 18 か月) 装着しても快適に過ごすことができます。治療中に抜歯する必要はありませんが、外観をより美しくコントロールしたい場合は、後で取り外し可能なブラケットを選択する人もいます.

: インビザラインは、透明なアライナー (または「ワイヤー」) を使用して、口から見えないように歯を希望の位置に移動させる目に見えないタイプのブレースです。アライナーにはさまざまなサイズが用意されているため、自分に最適なものを見つけて、長期間 (通常 12 ~ 18 か月) 装着しても快適に過ごすことができます。治療中に抜歯する必要はありませんが、外観をより美しくコントロールしたい場合は、後で取り外し可能なブラケットを選択する人もいます.歯科インプラント : 歯科インプラントはカスタムメイドのチタン製ネジで、各歯の下の顎骨に配置され、最終的に元の位置に戻ります - 失われた歯や壊れた歯を永久に置き換えます!インプラントは最小限のメンテナンスしか必要としません。通常の入れ歯のように 3 年ごとにチェックするだけです。また、従来のブレースやクラウンのように個々の臼歯を保持するワイヤーがないため、多くの患者が従来のブレースやクラウンよりも簡単で痛みが少ないと感じています。歯科インプラントは通常、ほとんどの保険プランの対象となりますが、現時点ではすべてのポリシーが完全な補償を提供しているわけではないため、あらゆる種類の歯科インプラント治療を開始する前に保険会社に相談してください.

曲がった歯の治療に関しては、ベニアを含む他の多くのオプションが利用可能です。 ClearCorrect TM は、各切歯の近くの歯肉線の下に配置された小さな磁石を使用します。レーザーを使用してステインを明るくする 3D 歯のホワイトニング システム。抜歯や詰め物などの口腔外科手術も同様です。特定の保険プランで何が補償されるかについて質問がある場合は、経験豊富な臨床医に相談してください。

一般に、歯科矯正は他の形態の歯科よりもかなり費用がかかる傾向がありますが、主にその有効性を裏付ける科学的証拠の改善により、ほとんどの保険会社は現在、少なくともその一部をカバーしています。

歯列矯正の保険適用範囲は?

保険会社によって、歯列矯正で補償されるものと補償されないものは異なります。ただし、ほとんどの保険には通常、次の補償が含まれています。

-必要な矯正装置と治療の費用

-自己負担費用(自己負担、免責額、共同保険など)

-ブレースまたは治療に関連する緊急治療室の訪問

一部の保険会社は、Invisalign や ClearCorrect などの特定の種類の矯正治療に対しても特典を提供する場合があります。保険会社に相談して、注意すべき特定の除外または制限があるかどうかを確認することが重要です。

歯列矯正の費用は?

歯列矯正の利点は何ですか?私の保険プランの下での歯列矯正の補償範囲は何ですか?矯正治療は健康保険適用となる場合があります。ブレースやその他の歯列矯正治療の費用はさまざまですが、平均して年間 2,000 ドルから 5,000 ドルの範囲です。一般的に言えば、ほとんどの健康保険プランは治療費の一部をカバーしています。

歯と顎への負担を軽減。

スピーチと咀嚼能力の向上;

成人期における歯の問題の発生率の減少。矯正治療も健康保険適用となります。ブレースやその他の歯列矯正治療の費用はさまざまですが、平均して年間 2,000 ドルから 5,000 ドルの範囲です。一般的に言えば、ほとんどの健康保険プランは治療費の一部をカバーしています。あなたの健康保険が歯列矯正をカバーしているかどうかについて質問がある場合、またはこのタイプのケアに関連する特定の除外または制限がある場合は、かかりつけの医療機関に相談してください。プロバイダー。

装具は保険適用ですか?

歯列矯正の保険適用範囲は、プランと、それが包括保険プランか限定保険プランかによって異なります。包括的な計画は、通常、矯正を含むすべての歯科処置を対象としています。限られたプランでは、歯列矯正などの特定の種類の医療のみがカバーされる場合があります。保険がブレースをカバーしているかどうかわからない場合は、保険会社に相談して確認してください。

歯列矯正治療は高額になる可能性があるため、予約をする前に保険に加入していることを確認することが重要です。また、ブレースに関連する自己負担額を最小限に抑えるために、OrthoCare の特典を提供するクレジット カードの使用を検討することもできます。

矯正器具は保険適応でいくらかかりますか?

保険会社によって、歯列矯正の補償範囲は異なります。ただし、ほとんどのポリシーには通常、ブレースやその他の歯科治療の費用に対する少なくともある程度の補償が含まれています。お客様が責任を負う金額は、お客様のポリシーの特定の条件によって異なる場合があります。ただし、一般的に、歯列矯正治療には、症例の種類と重症度に応じて、数百ドルから数千ドルの費用がかかると予想されます。多くの保険会社は、その補償範囲に関連する年次または月次の保険料も設定していることに注意してください。そのため、これらの費用についても必ず問い合わせてください。

保険でカバーされる装具の種類にはどのようなものがありますか?

保険適用の矯正治療にはどのような種類がありますか?歯科保険に加入するメリットは?歯科保険会社を選ぶ際に考慮すべき要素は何ですか?

歯列矯正のための歯科保険:補償内容と知っておくべきこと

歯列矯正を受けることを検討している場合は、健康保険の対象とならないものを知っておくことが重要です。ここでは、一般的に歯科保険に含まれるものと、歯科保険に加入している場合に留意する必要がある事項について説明します。

すべてのブレースが同じように作成されているわけではないことに注意してください。さまざまな装具がさまざまな素材 (金属、プラスチックなど) で作られているため、価格や寿命に影響を与える可能性があります。さらに、インビザラインなどの特定の矯正処置は、通常、従来の健康保険プランではカバーされません。このような場合は、決定を下す前に、特定の補償オプションについて保険会社に確認してください。

保険適用の矯正器具の種類

歯科矯正医が使用するブレースには、主に 3 つのタイプがあります。固定器具 (金属ブラケットなど)、取り外し可能な器具 (透明なアライナーなど)、または器具をまったく使用しない (「テクスチャライジング」と呼ばれます)。それぞれのタイプには独自の利点と欠点があるため、ニーズに合ったものを選択することが重要です。

固定器具 固定器具には、歯科矯正治療中に使用される金属ブラケットやその他の同様の器具が含まれます。これらのアプライアンスは、取り外し可能なアプライアンスよりも高価になる傾向がありますが、安定しているため、結果が長持ちします。また、通常、取り外し可能な器具よりも取り外しが複雑なため、合併症が発生した場合は、治療中に 1 回または 2 回追加の訪問が必要になる場合があります。

取り外し可能な器具 取り外し可能な器具には、歯列矯正治療中に使用されるクリアアライナーやその他の同様のデバイスが含まれます。これらのデバイスは、口の両側 (前面または背面) に装着でき、夜間または週末に取り外すことができるため、治療中も治療後も便利です。ただし、消耗し始めたら比較的簡単に交換できるため、固定器具のように長期的な結果は得られません。

器具なしの治療 (テクスチャライジング) このタイプの治療では、テクスチャライザーと呼ばれる特別な器具を、虫歯/虫歯/TMJ 障害によって引き起こされる曲がった状態または過密状態の歯の上に配置された歯磨き粉またはワックスを塗った紙のストリップと共に使用します。時間が経つにつれて、これらの治療は、目に見えるハードウェアや手術を必要とせずに顎の位置合わせを修正するのに役立ちます.通常、テクスチャライジング治療は標準的な歯科保険プランではカバーされませんが、多くの医療提供者は現在、このタイプのケアに特化した限られた補償範囲を提供しています。治療を開始する前に、特定のポリシーの制限について医療提供者と話し合うことが重要です。歯科保険を持つことの利点 歯列矯正の時期になると、注目に値する重要な利点がいくつかあります。ほとんどの健康保険でカバーされます。これには、公的保険会社と民間保険会社の両方が含まれます。費用の柔軟性 - 多くの人々は、歯科保険に加入することで、治療の時期になると、より経済的な柔軟性が得られることに気付きます。自己負担費の削減 - ブレースに関連する一般的な費用の 1 つは、治療中にブレースが故障した場合の交換ブレースの費用です。

インビザライン®は保険適応ですか?

加入している保険プランによって、利用可能な補償オプションと給付が異なるため、この質問に対する万能の答えはありません。ただし、ほとんどの歯科保険プランは、通常、矯正治療が医学的に必要であり、医師によって処方された場合に補償されます。

ポリシーでカバーされる可能性のある治療の具体例には、次のようなものがあります。曲がった歯を矯正するためのブレース。 Invisalign® クリア アライナー。歯を正しい位置に保つために使用される固定または取り外し可能なリテーナー。不正咬合(歯が正しい位置にない状態)の矯正手術。

予期しない費用が発生しないように、予定を立てる前に、特定の歯列矯正治療が対象となるかどうかについて保険会社と話し合うことが重要です。また、治療を開始する前に、必ず資格のある矯正歯科医に相談することを忘れないでください。彼らは、あなたのポリシーでカバーされるものとカバーされないものに関するより詳細な情報を提供することができます.

大人の歯列矯正を補償する歯科保険はありますか?

矯正歯科は、歯並びを矯正する歯科治療です。通常、歯科保険は矯正治療をカバーしていませんが、プランによっては例外がある場合があります。一部の保険会社は、矯正治療が医学的に必要であると考えられる場合、または歯科医によって処方された場合、矯正治療をカバーする場合があります。矯正治療を検討している場合は、予約をする前に、必ず保険会社に補償範囲について尋ねてください。

私は成人ですが、歯科保険で歯の矯正はできますか?

歯科保険のポリシーは会社によって異なるため、この質問に対する答えは 1 つではありません。ただし、ほとんどの歯科計画は、成人の矯正治療をカバーしています。保険会社に連絡して、補償内容と費用を正確に把握することが重要です。場合によっては、総合補償に加入している場合、治療の割引を受けることもできます。

私の子供には歯列矯正が必要です – 歯科保険による補償にはどのようなオプションがありますか?

歯科保険に関しては、歯列矯正に利用できるいくつかの異なる種類の補償範囲があります。一部の歯科保険は、医学的に必要な場合、ブレースやその他の歯列矯正治療の費用をカバーする場合があります。さらに、一部のプランには、一定の金額までの治療費をカバーする矯正歯科の特定のカテゴリが含まれている場合があります。特定の保険に歯列矯正が含まれているかどうかについて質問がある場合は、いつでも保険会社に相談するか、保険アドバイザーに相談することができます。

ほとんどの歯科プランでは、歯列矯正保険の待機期間はありますか?

歯列矯正は、歯並びの問題を修正するために使用される歯科治療の一形態です。プランの契約条件によっては、ほとんどの歯科プランで歯列矯正の適用範囲を待つ期間がある場合があります。待ち時間が短いプランもあれば、待ち時間が長いプランもあります。プランの利用規約をよく読んで、待機期間がどのくらいかを確認することが重要です。

12 歯科プランを変更した場合、新しいプランに歯列矯正治療が含まれるまで待機期間はありますか?

この質問への答えは、切り替える特定の歯科計画によって異なります。ただし、一般的に、ほとんどの歯科計画には、矯正治療が含まれる前に待機期間があります。この待機期間は、数週間から数か月の範囲です。そのため、補償が開始されるまでの待機期間を確認するために、新しい歯科計画を確認することが重要です。

13 歯科保険プランは、歯列矯正保険の給付と保険料率をどのくらいの頻度で見直しますか?

歯科保険は通常、歯科矯正保険の給付と保険料率を毎年見直します。これは、補償範囲が最新の状態に保たれ、メンバーに最高の価値を提供できるようにするためです。ただし、一部の歯科保険プランでは、提供される保険の種類によっては、より頻繁に特典を確認する場合があります。一般に、歯列矯正保険の給付と保険料を確認する頻度を決定するために、歯科計画に連絡することが重要です。