Robinhoodとは?

発行時間: 2022-04-15

Robinhoodは、株式、ETF、オプション、暗号を売買できる投資アプリで、すべて手数料無料です。Robinhoodでは、いつでもどこでも手数料や最低取引額なしで取引できます。さらに、最低預入金額も設定されていないため、少額から投資を開始することができます。

Robinhoodを始めるのに必要なのは、Eメールアドレスとパスワードだけです。一度登録すると、銀行口座をリンクさせることができるので、簡単に入出金ができるようになります。また、定期的な投資プランを設定することで、何も考えずに定期的に投資することも可能です。また、何から始めたらいいかわからないという方には、RobinhoodにはExploreというツールが組み込まれており、あなたの興味に基づいたパーソナライズされたお勧めの商品を教えてくれます。

そのため、経験豊富な投資家であっても、これから投資を始める方であっても、Robinhoodは手数料無料の取引に最適な選択肢です。

FDIC保険とは何ですか?

FDIC保険とは、銀行などの金融機関の預金者を保護するための保険の一種です。銀行が破綻した場合、FDICは顧客の資金を引き出し、顧客が被った損失を補填するための資金を提供する。FDIC保険は、資産100億ドル以上のすべての銀行に加入が義務付けられています。

FDIC保険の仕組みは?

FDIC保険は、銀行やその他の金融機関の預金者を保護するための、政府が運営するプログラムです。この制度は、銀行の破綻を防ぎ、顧客の預金をバックアップするために1933年に創設されました。FDIC保険は、預金額にかかわらず、1機関につき1口座あたり最大25万ドルまで補償します。FDIC保険の適用を受けるには、総資産が1,000万ドル以上あること、連邦預金保険公社(FDIC)の保険に加入していることなど、一定の要件を満たす必要があります。

FDICは、参加銀行の預金を1機関につき1口座あたり25万ドルまで保証しています。つまり、FDICの保険に加入している銀行にお金を預けている場合、その預金は最大25万ドルまで保護されるのです。銀行が破綻した場合、FDICはその保護限度額まで預金者の口座をすべて払い出す。

FDIC保険の適用を受けるには、総資産が1,000万ドル以上あること、連邦預金保険公社(FDIC)の保険に加入していることなど、一定の要件を満たす必要があります。また、全米信用組合協会(NCUA)に加入したり、米国独立銀行協会(IBA)などの協会に加入することでも保険に加入することができる。

連邦政府の規制を受けていないが、IBAのような協会に加盟している銀行でも、十分な資産を持ち、他の資格条件を満たしていれば、FDIC保険の適用を受けることができる場合があります。

RobinhoodはFDIC保険に加入していますか?

人気の株式仲介サービスであるRobinhoodは、FDIC保険に加入していません。つまり、口座のお金がなくなると、取り返しがつかなくなる可能性があるのです。また、Robinhoodが課す手数料の一部は、FDIC保険でカバーされない場合があります。この問題が気になる方は、Robinhoodに登録する前に、他の株式仲介サービスを調査することが重要です。

その場合、Robinhoodはどの程度の補償を提供してくれるのでしょうか?

Robinhoodは、非常に限定的な補償を提供する株式仲介会社です。同社は、株式とETFのみを対象としています。完全な補償を受けるには、月額6ドルの支払いが必要です。また、Robinhoodは取引に手数料がかかり、1回の取引で10ドルにもなる。全体として、Robinhoodは限られたカバレッジと高い手数料を提供しており、すべての投資家に適しているとは限りません。

Robinhoodを通じてFDICの補償を受けることができるのは誰ですか?

米国に居住し、米国の金融機関に口座をお持ちで、Robinhoodに口座を開設された場合、FDICの適用を受けることが可能です。富裕層でなくても、特別な事情がなくても、応募は可能です。

Robinhoodは、米国で最も人気のあるオンライン証券会社の1つです。200万以上の商品について、株式、オプション、ETFの手数料無料取引を提供しています。また、信用取引や融資のサービスも提供しています。Robinhoodでは、自社製品に加え、1,500を超える他の取引所の株式やオプションの取引も可能です。そのため、現在最も汎用性の高い投資プラットフォームの1つとなっています。

Robinhoodを通じて口座に保険がかけられている場合、FDICにどのように請求すればよいですか?

Robinhoodに銀行口座をお持ちの場合、口座がFDICを通じて保険に加入していれば、請求を行うことができる場合があります。請求するには、まず口座を発行した銀行に連絡し、助けを求めてください。銀行があなたを助けられない場合、またはあなたが請求をしたくない場合は、FDICに連絡することができます。

FDICに連絡するには、FDICのウェブサイトにアクセスし、口座番号とルーティングナンバーを入力してください。その後、請求に関するすべての情報を記入するためのフォームが表示されます。ご記入後、添付書類を添えて、下記までお送りください。

FDIC - 消費者対応センター

P.

FDIC-insuredである場合、myRobinhoodアカウントで購入できるものに制限はありますか?

はい、FDIC保険に加入している場合、Robinhoodのアカウントで購入できるものには制限があります。例えば、FDICの保険に加入していない株やオプションは買えません。さらに、Robinhoodアカウントを使用して、FDIC保険に加入していない投資を行うことはできません。最後に、Robinhoodアカウントを使用して、FDICの保険に加入していない会社から商品やサービスを購入することはできません。

Robinhoodが倒産した場合、私の口座残高はどうなりますか?

もしRobinhoodが倒産したら、あなたの口座残高は失われてしまうでしょう。まだ会社は倒産していないが、もし倒産したら、あなたのお金はなくなってしまう。必ずそうなるという保証はありませんが、利用を検討される方は覚えておくとよいでしょう。