3000の児童税額控除とは何ですか?

発行時間: 2022-06-18

3000児童税額控除は、3歳未満の子供を持つ親が利用できる連邦税額控除です。クレジットにより、子供1人あたり最大3,000ドルの税金を削減できます。フォーム1040Aまたは1040EZを使用して税金を申告すると、クレジットを請求できる場合があります。3000の児童税額控除は、家族あたり最大6,000ドルの価値があります。3人以上の子供がいる家族は、1家族あたり最大12,000ドルの、より多くのクレジット額を受け取る資格があります。3000人の児童税額控除を受けるには、特定の資格要件を満たす必要があります。あなたは、子供が生まれた年、または養子縁組のためにあなたと一緒に配置された年の間にあなたの子供たちの世話とサポートに法的に責任を負わなければなりません。さらに、世帯規模に適用される他の連邦所得税額控除を請求することはできません.3000の児童税額控除は払い戻し可能です。つまり、未払いの税金がなくても払い戻しを受けることができます。前年の税金からの還付が必要な場合、そのほとんどは今年の還付で支払うべき金額の削減に充てられます。3000の児童税額控除の対象となるかどうかわからない場合は、相談してください。会計士または税務作成者。「3000児童税額控除とは何ですか?「この連邦所得税控除に関する一般的な情報は、問題の暦年のある時点で3歳未満の未成年の子供がいる親のみが利用できます。」3000児童税額控除とは何ですか。「調整総所得(AGI)、申告状況、および請求された適格扶養家族の数に基づいて、個々の納税者が賞金総額の一部として受け取る可能性のある金額に関する具体的な情報は提供されません。」3000児童税額控除とは何ですか。「セクション152(f)(1)(B)および152(f)(2)コードセクションに従って行われた請求に特に関連するため、「法的責任」を構成するものに関する特定の情報を提供しません。排他的に)親の義務/責任は、これに限定されないが、従来の家族の設定の外に配置されることに関連して引き受けられます:監護権手続き、法的保護手続き、共同監護権の取り決め、住宅処理施設、集団住宅など。詳細については、を参照してください。 IRS Publication 972-子供に対する連邦税-18歳未満の子供を持つ親、妊娠中の親、または幼い子供を育てている親のための連邦税控除のガイドhttps://www-publishing-assets-amazon-com/images/ graphics / 10000/9772_0_.jpg

米国政府は、自宅にフルタイムで住んでいる幼い子供を持つ家族のために特別に設計されたいくつかの異なるタイプの財政援助を提供しています。これらには、勤労所得税額控除(EITC)のような直接支払いと、フードスタンプのような間接補助金の両方が含まれます。適格性に応じて、これらのメリットは、子供がまだ家にフルタイムで住んでいる間、家族の費用の一部またはすべてを相殺するのに役立ちます。」

働く家族が稼ぐ収入は、彼らが幼い子供を育てる余裕があるのを助ける上で、依然として重要な要素の1つです。しかし、家庭で小さな子供を世話する低所得の親に特別に利益をもたらすように設計された多くの政府プログラムもあります。」

政府が税制を通じて提供しているそのようなプログラムの1つは、「3万ドルの免税」として知られています。 、年間3万ドルを超えるすべての課税所得に対する連邦所得税の支払いの免除。」

これは2つのカテゴリに分類されます。1つは、調整後の総所得が指定されたしきい値を下回る納税者です(単一の24千ドル/共同での結婚した48千ドル)。第二に、AGIが特定の範囲内にあるが、雇用に参加している納税者。いずれの場合も、個人の免税は認められていません。

それはどのように機能しますか?

3000児童税額控除は、3歳未満の子供を持つ親が利用できる税額控除です。クレジットは子供1人あたり最大3,000ドルになる可能性があります。クレジットの資格を得るには、両親は申告書を提出し、収入の証明を提出する必要があります。クレジットは通常返金可能です。つまり、親が支払うべき税金を減らすために使用できます。親が毎年受け取ることができるクレジットの最大額は$6,000です。3000の児童税額控除は、2009年のアメリカ復興再投資法(ARRA)の一部として作成されました。

誰が対象ですか?

3000児童税額控除は、以下の年齢の子供がいる親が利用できる連邦所得税額控除です。

3000児童税額控除の対象となるには、子供は次の条件を満たしている必要があります。

米国市民または居住外国人であること。

税金を申告するときは18歳未満であること。と

クレジットを請求する年の総収入は65,000ドル未満(または配偶者と共同で提出する場合は110,000ドル未満)です。

誰が資格がありませんか?次の場合、3000人の児童税額控除の対象にはなりません。修正調整総所得(MAGI)が$ 200,000(共同で結婚した場合は$ 250,000)を超える場合、MAGIには、住宅の購入に使用された政府機関からの無利子ローンの金額が含まれます。 ;またはあなたは20年にすべての情報源から合計100万ドル以上の課税対象報酬を受け取りました

  1. クレジットは通常、子供1人あたり3,000ドルの価値がありますが、子供1人あたり6,000ドルにもなる場合があります。クレジットの資格を得るには、親は特定の資格要件を満たし、フォーム1040Aまたは1040EZを使用して確定申告を行う必要があります。
  2. 他の理由(たとえば、子供がいないなど)で資格がない場合でも、次のすべてが当てはまる場合は、3000の児童税額控除を請求できる可能性があります:2018年中に息子または娘をサポートする法的責任がありました;あなたの息子または娘は、少なくとも年の半分は19歳未満でした。そして、あなたの息子または娘は、20の間に彼または彼女自身のサポートの半分以上を提供しませんでした。これおよび子供を持つことに関連する他のクレジットおよび控除の請求の詳細については、出版物972、児童税額控除を参照してください。

どうすれば請求できますか?

3000児童税額控除は、18歳未満の子供を持つ親が利用できる連邦所得税控除です。クレジットを請求するには、フォーム8839に税金を提出する必要があります。フォームには、資格のある子供とそれらを主張した親に関する情報が含まれています。また、IRSのWebサイトで詳細情報を見つけることができます。

いつ請求できますか?

3000児童税額控除は、18歳未満の子供を持つ親が利用できる連邦所得税控除です。クレジットは、その年に最も多くのお金を稼いだ親、または子供の監護権を持つ親が請求することができます。クレジットの最大額は、資格のある子供1人あたり3,000ドルです。クレジットの請求期限は翌年の4月15日です。

締め切りに間に合わなかった場合はどうなりますか?

納税期限を過ぎても、クレジットを取得できる場合があります。ただし、最初に知っておく必要のあることがいくつかあります。

まず、年末時点で17歳未満の子供がいる場合は、確定申告の扶養家族として請求し、クレジットの対象となることができます。

第二に、あなたの収入が特定のしきい値を下回っている場合、あなたはクレジットを請求することによってあなたの納税義務を完全に減らすか、あるいは完全になくすことができるかもしれません。最後に、提出状況や調整後総所得(AGI)など、すべての情報が正しいことを確認してください。そうでない場合は、罰金や利息が発生する可能性があります。

これらのいずれかが混乱したり怖いように聞こえても、心配しないでください。私たちがお手伝いします。The Tax Lawyer Groupの私たちのチームは、人々の税金を支援してきた長年の経験があります。そのため、すべてを段階的に説明することができます。

遡及支払いを受け取ることはできますか?

3000児童税額控除は、18歳未満の子供を持つ親が利用できる連邦所得税控除です。クレジットは、請求した年の税金に対して請求することも、過去の年の遡及的に請求することもできます。子供1人あたり最大3,000ドル、家族1人あたり最大6,000ドルを受け取ることができる場合があります。資格を得るには、子供は社会保障給付の資格があり、他の資格要件を満たしている必要があります。クレジットも返金されるので、その年に税金を支払わなくても、IRSから小切手を受け取ることができます。

クレジットを取得しているかどうかはどうすればわかりますか?

3000児童税額控除は、18歳未満の子供を持つ親が利用できる連邦所得税控除です。資格を得るには、フォーム1040Aまたは1040EZを使用して税金を申告し、子供の名前と社会保障番号を返品に含める必要があります。あなたの子供が他の人の納税申告書に依存していると主張されている場合、あなたはクレジットを主張することができるかもしれません。クレジットの対象となる場合、IRSは修正された返品を送信します。

その年の間に私の状況が変わった場合はどうなりますか?

その年の間に状況が変化した場合、その年の申告をしなくても、児童税額控除を請求できる場合があります。資格を得るには、修正調整総所得(MAGI)が$ 110,000(共同で結婚した場合は$ 220,000)未満である必要があります。児童税額控除の請求について詳しくは、IRS.govをご覧ください。

ドキュメントを提供する必要がありますか?

3000児童税額控除は、18歳未満の子供を持つ親が利用できる連邦所得税控除です。資格を得るには、お子様が特定の資格要件を満たしていることを示す書類を提出する必要があります。最も一般的には、この文書には、子供の出生証明書または生年月日と出生地を確認するその他の公式文書が含まれています。また、子供の居住地が米国にあることを証明するものを提出する必要がある場合もあります。配偶者にクレジットを請求する場合は、両方が資格要件を満たしている必要があります。資格のある子供ごとに請求できる最大金額は、年間3,000ドルです。

このクレジットを複数回受け取ることはできますか?

3000の児童税額控除は、18歳未満の子供を持つ個人が支払うべき税金を減らすために使用できる払い戻し可能な税額控除です。クレジットは両方の親が利用でき、子供がどちらかの親と一緒に住んでいるかどうかに関係なく請求できます。家族がクレジットを通じて受け取ることができる最大金額は、子供1人あたり3,000ドルです。クレジットを請求する家族は、子供1人あたり最大2,000ドルの税金を削減できる可能性があります。ただし、家族は資格のある子供ごとに1回だけクレジットを請求できます。

受け取ることができる金額に制限はありますか?

3000児童税額控除は、3歳未満の子供を持つ親を支援できる税額控除です。クレジットは子供1人あたり3,000ドルの価値があります。受け取ることができる量に制限はありません。