アメリカン・オポチュニティ・クレジット(American Opportunity Credit)とは何ですか?

発行時間: 2022-04-16

アメリカン・オポチュニティ・クレジットは2009年からあり、景気刺激策の一環として作られたものです。大学4年間の学費と関連費用を支援する税額控除です。この控除は学生一人当たり最高2,500ドルまで可能で、還付されます。つまり、税金を払っていなくても控除を受けることができます。

対象となるのは、学位プログラムまたは修了証プログラムに少なくとも半日以上在籍していること、また、単位を申請する時点で4年以上大学を卒業していないことが条件となります。また、調整後総所得(AGI)が、独身なら8万ドル、夫婦合算なら16万ドル以下であることが条件となります。あなたのAGIがこれらの金額を超えている場合でも、部分的な控除を申請できる場合があります。

この制度が適用されると、連邦税の申告時にアメリカン・オポチュニティ・クレジット(American Opportunity Credit)を申請することができます。授業料の請求書、書籍や消耗品の領収書など、対象となる支出を証明する書類を必ず保管しておいてください。

税金はいくら戻ってくるの?

税金は面倒なものですが、私たちの社会にとって大切なものでもあります。今回は、自分の所得水準に応じて、どれくらいの税金が戻ってくるのかを探ってみましょう。また、全体の税金を減らすのに役立つ税額控除や税額控除についても説明します。さあ、はじめましょう

税金はいくら戻ってくるの?

税金が戻ってくる金額は、所得水準や申告状況など、さまざまな要因によって異なります。ここでは、所得水準別の平均的な税金の還付額を紹介します。

所得レベル 25,000ドル未満 $0-$600 25,001-35,000ドル 600-$1,200 35,001-50,000ドル 1,200-$2,400 50,001+ 2,400ドル以上

なお、これらの数値はあくまで平均値であり、実際の還付金は個々の状況によって異なる可能性があります。例えば、まだフルタイムで学校に通っているお子さんがいる場合や、自営業でその年に定期的な収入源(給料など)がない場合は、上記の数字よりも還付金が少なくなる可能性があります。一方、平均より収入が多く、項目別控除などの大きな減税措置の適用を受けない場合、還付金が予想より少なくなる可能性があります。

全日制の学生である必要はありますか?

フルタイムの学生であるかどうかの判断は、個々の状況によって異なるため、この質問に対する万能の答えはありません。しかし、あなたの教育レベルやキャリア目標、毎日どれだけの時間を勉強に割くことができるか、家族や友人からどれだけの経済的支援を受けているかなどが、あなたの決断に影響を与える可能性があります。

全日制の勉強が自分に合っているかどうかわからない場合は、学校や大学のアカデミックアドバイザーに相談することをお勧めします。どのようなプログラムが自分のニーズに最も合っているか、教育やキャリアの目標に到達するのに役立つかを判断する手助けをしてくれます。

アルバイトで学校に通っている場合も請求できますか?

この質問に対する答えは、あなたの状況によってルールが異なるため、一律には言えません。しかし、一般的には、パートタイムで学校に通い、認定された教育機関で学位または同等の資格を得た場合、教育クレジットを請求できる可能性があります。

教育クレジットの対象となるかどうかは、まず、実際にアルバイトで学校に通っているかどうかを確認します。オンラインや通信教育のみでの受講の場合は、学歴のカウントには含まれません。また、高校や大学に在籍していても、兵役やその他の理由で散発的にしか授業を受けていない場合、その授業も単位取得の対象外となる場合があります。

資格要件を満たし、単位を取得した学期の半分以上(例:4年制大学での全学期)、認定された教育プログラムに積極的に在籍していることを証明できる場合、ほとんどの場合、単位を申請する資格があります。

ただし、例外もあります。例えば、深刻な健康状態(癌など)のために退学を余儀なくされた場合、その期間に取得した単位は総学歴にカウントされない場合があります。

何年間、クレジットを申請できますか?

標準控除を利用して確定申告をする場合、1年間で5,000ドルまでの適格費用について控除を申請できます。確定申告で控除を受ける場合、1年間で$6,500までの適格費用について控除を申請することができます。所得が一定の基準を超えた場合、控除額は減額されます。2018年の場合、独身納税者は75,000ドル、夫婦で申告する場合は130,000ドルが基準となっています。

学位や修了証のプログラムを受講していなければならないのでしょうか?

いいえ、ヘルスケア分野でのキャリアを追求するために、学位や修了証プログラムに在籍する必要はありません。多くのエントリーレベルのポジションは、経験や学歴に関係なく利用することができます。インターネットで検索したり、地元の病院やクリニック、その他の医療機関に問い合わせると、多くの機会を見つけることができます。例えば、看護師としてのキャリアを追求したいのであれば、認定看護師学校への入学を検討するとよいでしょう。または、全米看護師連盟(NLN)を通じて正看護師(RN)の資格を取得することもできます。NLNは、RNとして働くために必要なスキルと知識を身につけるための、いくつかの認定プログラムを提供しています。

配偶者が学校に通っている場合、請求できますか?

はい、配偶者がフルタイムで学校に通っている場合、扶養家族として申請することができます。成績証明書や卒業証書など、在籍を証明するものが必要です。配偶者が学校に通っていない場合でも、その人が身体的または精神的な障害のために働けないことを証明できれば、扶養家族として請求することができます。

税金を払っていない場合でも、控除を受けることができますか?

連邦所得税を含むすべての税金を支払っている場合、アメリカン・オポチュニティ・クレジットの目的である「税金の負債」はないとみなされます。しかし、IRSの監査を受け、税金を払っていると判断された場合、American Opportunity Creditの受給資格に影響が出ます。

アメリカンオポチュニティクレジットの申請方法は?

アメリカンオポチュニティクレジットは、大学や大学院に通う学生や子どもを持つ親が利用できる連邦税額控除です。この控除は、対象となる学生1人につき2,500ドル、1家族につき最大4,000ドルまで受けることができます。アメリカン・オポチュニティ・クレジットの適用を受けるには、Form 8863, Education Creditsを使用して確定申告をする必要があります。また、対象となる教育機関への在籍または受講を証明する書類が必要な場合もあります。American Opportunity Creditの詳細については、IRSのウェブサイトをご覧ください。