保険で持続する実際の損失の意味は何ですか?

発行時間: 2022-06-24

保険で被る実際の損失は、保険契約者がイベントの結果として実際に失った金額です。この数字は、保険会社が保険金を支払うかどうかを判断するのに役立つため、重要です。実際の損失は、将来の保険料の計算にも使用できます。一般に、実際の損失とは、保険契約者が被った損害または損失に実際に費やされた金額を意味します。法定費用や調査費用など、イベント前に発生した費用は含まれていません。場合によっては、実際の損失には、保険契約者が怪我や病気のために働くことができなかった間に失われた収入も含まれる場合があります。「実際」という用語は、保険がカバーするものと保険数理上のリスクと見なされるものを区別するため重要です。たとえば、家に火事があり、補償範囲が$ 100,000の住宅保険に加入しているが、火事で$ 10,000相当の所有物を失うだけの場合、実際の損失は$ 90,000($ 10,000 + $ 90K)になります。ただし、住宅保険の補償範囲が$ 500,000で、家具や電子機器を含むすべてを火災で失った場合、実際の損失は$ 500K($ 10,000 + $ 49万)になります。実際の損失持続定義:費やされた金額発生前に発生した費用(法定費用など)とは対照的に、保険契約者が被った損害/損失について...この情報は、将来の保険の保険料を計算するときに役立ちます!ありがとうございました!-実際の損失持続的定義は、以前に起こったことではなく、誰かが被った損害/損失に実際に費やされた金額を示します。-ほとんどの場合、これには弁護士費用などのすべての費用が含まれます...-それは分離するため、非常に重要ですカバーされていない損失からカバーされます。-私たちが所持品を失ったが弁護士にお金を使わない何かが起こった場合、私たちの「実際の」損失は、事前に弁護士に支払った場合よりも少なくなる可能性があります(これらの弁護士費用はすでに含まれているため) ).-これを知っていると、それに応じて保険料を計算できるので、本当に価値のないものに多額のお金を払うことはありません!詳細については、以下をご覧ください。

この用語は保険金請求にどのように影響しますか?

実際の損失は、保険契約者がイベントの結果として実際に失った金額です。この用語は、いくつかの点で保険金請求に影響を与える可能性があります。第一に、保険契約者が彼らの保険契約の対象となる資格があるかどうかを判断することができます。第二に、保険会社が保険契約者に代わって支払う補償額に影響を与える可能性があります。最後に、ポリシー自体の条件に影響を与える可能性があります。

この概念を理解することが重要なのはなぜですか?

保険会社が保険金を支払うとき、それは実際にお金を失っています。会社は、保険契約者の請求およびそれらの請求に関連する費用をカバーするためにお金を確保する必要があります。利益を上げるためには、会社はこれらの費用をカバーする保険料を請求することもできなければなりません。

保険会社が請求で失う金額は、傷害や損失の重大度など、さまざまな要因によって異なります。たとえば、誰かが自動車事故で軽傷を負った場合、保険会社は数千ドルしか失うことはありません。しかし、同じ事故で誰かが重傷を負った場合、保険会社は数百万ドルを失うことになりかねません。

保険会社が特定の請求でどれだけ失うかを理解することは、2つの理由で重要です。1つは、事故が発生した場合に人々が自分の潜在的な経済的責任を理解するのに役立ちます。そして第二に、それは彼らが補償のために喜んで支払う保険料の額に影響を与えます。過去の事故で発生した損失が大きいために自動車保険や住宅所有者保険にもっとお金を払うことになりかねないことを知っている人は、保険をまったく購入しないことでリスクを完全に回避することを選択できます。一方、保険会社が和解や判決を通じて損失のすべてまたはほとんどを取り戻すことができると確信している人々は、多くの場合、より高い保険料を支払うことに抵抗を感じません。

実際の損失が持続したという証拠がない場合はどうなりますか?

損失が発生した場合、保険会社は、保険会社があなたの保険金を支払うために、実際に損失が発生したことを証明できなければなりません。実際の損失が続いているという証拠がない場合、保険会社はあなたの保険金を支払うことができないかもしれません。これはあなたがあなたの方針に借金または不足を残される結果となる可能性があります。場合によっては、これによりポリシーがキャンセルされることもあります。何かが起こった場合に完全に保護されることを保証するために、実際に損失が発生したことを証明する文書を追跡することが重要です。

保険証券で使用されている他の同様の用語はありますか?

保険会社が損害または損失の請求を受け取った場合、通常、実際の損失を計算します。実際の損失は、特定の期間中に請求および決済で実際に支払われた金額です。

発生した損失や報告された損失など、保険契約で使用される他の同様の用語があります。発生した損失は、特定の期間中にこれまでに損失に費やされた金額です。報告された損失は、特定の期間中に保険会社によって失われたと公式に宣言された金額です。

保険会社は実際の損失をどのように定義していますか?

実際の損失と損害の違いは何ですか?実際の損失を計算する際に保険会社が考慮するいくつかの要因は何ですか?物的損害イベントの保険金請求をどのように計算しますか?物的損害賠償請求の控除額はいくらですか?物的損害イベントの補償範囲に対する一般的な除外事項は何ですか?竜巻やハリケーンによって家が被害を受けた場合、申し立てを行うことはできますか?物的損害が発生した後、いつ保険会社に連絡すればよいですか?

保険会社は、「実際の損失」を、軽減または防止に関連する費用を含まない、発生した損失のドル価値と定義しています。実際の損失には、物理​​的および経済的損害の両方が含まれます。損傷とは、意図的であろうと偶発的であろうと、何かの体調の障害を指します。保険会社が実際の損失を計算する際に考慮するいくつかの要因は次のとおりです。

-受けた損害の程度と重大度

-資産を損傷前の状態に復元するために必要な修理または交換の費用

-インシデントで紛失したアイテムの修理または交換に必要な時間

-発生時の気象条件など、インシデントを取り巻く特別な状況。

保険会社はさまざまな方法を使用して、特定の事故で発生した損失の推定金額を計算します。最も一般的な方法は、減価償却率、インフレ率、および各業界に固有のその他の変数を考慮に入れた、予測される交換コストを使用することです。ただし、一般的に、保険会社は、事故で発生した損失のドル値を見積もるときに、直接見積もりまたはパーセンテージ計算の2つの方法のいずれかを使用します。

財産保険契約には通常、保険の種類(住宅所有者と賃貸人など)に応じて500ドルから50000ドルの範囲の控除額があります。被保険者のイベント(物的損害)の後に保険会社に請求を行うときは、保険契約条件に基づいて補償範囲から除外される可能性のあるものを理解することが重要です。一般的な除外は次のとおりです。

1)神の行為による被害(ハリケーン/竜巻などの自然災害など)2)同意なしに第三者が行った行為(破壊行為など)3)動物による被害4)異常気象による構造的故障5)担保の破壊6 )不正行為7)無保険車両8)盗難9)戦争10)テロ11)市民騒動12)違法行為に使用される施設13)放棄14)。不払い15)。被保険者のリスク16)。不法投棄17)。危険物の投棄18)。汚染19)。有害廃棄物20)。放射性物質21)。有毒物質22)、放火23):刑事いたずら24):偽造25):横領26):盗品27):賃金保証28):税務署29):判決30):予期しない費用31):過度の損耗32):許可されていない使用33)。34)から生じる損失:修理を超えた損害35);身体的傷害36);不法死亡37);医療費38);葬儀費用39);費用40)、弁護士費用41))その他の費用42))総損失43))控除対象44))ポリシー制限45)))最大支払い46)))最小支払い47)))支払いスケジュール48)))ポリシーのキャンセル49 )))プレミアムを調整します50)))ノークレームボーナス51)))追加割引52))。第三者の責任53));自動車責任54));労働者災害補償55));ボート責任56));アンブレラカバレッジ57));賠償責任保険58))賃貸人保険59])財産保護60())事業保険61())オートバイ保険62());搭乗者損害保険63());旅行保険64())クレジットカードセキュリティ65()。ペット緊急計画66()。住宅所有者の方針67()自転車保険68()。賃貸人の方針69()、レンタカー契約70()、請負業者の責任71()、雇用慣行72。)免責事項73。)プライバシーステートメント74。)お問い合わせ75。)法的通知76。)免責事項77。不動産計画ツール78.住宅所有者79。

定義は保険会社ごとにどのように異なりますか?

「実際の損失」の定義は、特定のポリシーと定義に応じて、保険会社ごとに大幅に異なる可能性があります。一般的に言えば、実際の損失とは、保険がかけられていない損失を含む、対象となるイベントの結果として発生する損害または破壊です。

一部の保険会社は、実際の損失を保険金請求の和解または被保険者に対する判決で支払われた金額として定義する場合がありますが、他の保険会社は、イベントに関連する直接および間接の両方の費用を含むより一般的な定義を使用する場合があります。いずれの場合も、インシデントが発生した場合の潜在的な損失を正確に計算するために、ポリシーの特定の定義を知っておくことが重要です。

この用語の法的な定義はありますか?

実際の損失は、イベントの結果として企業が実際に失う金額です。この用語は、会社が保険金の支払いに責任を負う金額を決定するため、保険において重要です。

この用語の法的な定義はありませんが、一般的に、実際の損失とは、企業がイベントの結果として実際に失った金額を指します。これには、直接損失と間接損失の両方が含まれます。直接的な損失とは、物的損害や従業員の負傷など、イベントに直接関連する損失です。間接的な損失とは、イベントの結果として発生する損失ですが、人や財産への物理的な損傷や怪我は含まれません。これには、事件後の片付け、ビジネスチャンスの喪失、負傷者による訴訟に関連する費用が含まれます。

企業がイベントによって引き起こされた損害に対して責任を負うためには、「暴露基準」として知られる特定の基準を満たさなければなりません。ばく露基準は、潜在的な経済的損失から身を守るために、リスクのある活動に関与する会社(保険会社など)が適切なレベルの補償範囲を維持することを要求します。会社がこれらの要件を満たしていない場合、その顧客(この場合は保険契約者)は、彼らの保険契約の対象となる出来事の結果として生じた損害について彼らを訴えることができます。

もしそうなら、それはどこで見つけることができますか?

実際の損失は、企業がイベント後に請求で支払わなければならない金額です。それは保険証券と契約で見つけることができます。実際の損失は、予想または予想される損失とは異なります。予想損失は企業が請求で支払うことを期待するものであり、実際の損失は実際に起こることです。実際の損失は、会社が法定責任を問われる可能性のある最大額である責任とは異なる場合もあります。

この問題に対処した訴訟はありますか?

保険会社が保険金を支払うとき、それは実際にお金を失っています。会社は損失の場合に備えてお金を取っておかなければなりません、そしてそれからそれはそれ自身の費用を差し引いた請求を支払います。これは、会社が実際にすべての請求でお金を失っていることを意味します。

この問題に対処したいくつかの訴訟があります。たとえば、あるケースでは、保険会社は特定の請求で失ったお金のすべてを返済するように命じられました。別のケースでは、保険会社は、一定期間に行われた請求で失ったお金のすべてを返済するように命じられました。

もしそうなら、結果はどうでしたか?

保険会社が保険金を支払うとき、それは実際にお金を失っています。会社が失う金額は、その人が持っている保険の種類や彼らが持っている補償範囲など、多くの要因によって異なります。一般に、実際の損失とは、保険会社が請求が発生しなかった場合よりも多く支払ったことを意味します。これは会社に大きな経済的損失をもたらす可能性があり、廃業を意味することさえあります。保険の購入を検討している場合は、保険に加入する前に、必ず実際の損失を代理店に確認してください。

あなたの州には、この用語に関する法律や規制がありますか?

「実際の損失」という用語は、保険契約者がイベントの結果として実際に失った金額を表すために保険で使用されます。ほとんどの州では、この用語を管理する法律または規制があります。たとえば、ほとんどの州では、保険契約者が請求を提出しなくても、保険会社は実際の損失を支払う必要があります。これは「代位」として知られています。

このトピックに関する詳細情報はどこにありますか?

「実際の損失」という用語は、保険契約者がイベントの結果として実際に失った金額を指すために保険で使用されます。実際の損失は、イベントが発生しなかった場合に保険契約者が失った可能性のある金額である潜在的な損失とは異なります。実際の損失は、事故の場合に保険契約者が責任を問われることができる最大額である損害賠償責任とも異なります。