学生の借金をキャンセルするとどうなりますか?

発行時間: 2022-05-11

学生の借金をキャンセルすると、他のことに使うことができるたくさんのお金が解放されます。たとえば、誰かが30,000ドルの学生ローンの借金を持っていて、それをキャンセルした場合、最終的には25,000ドルになります。このお金は、他の借金を返済したり、将来の目標のために貯蓄したりするために使用できます。もう一つの利点は、学生ローンの借金を抱えている人々はしばしば財政的に苦労しており、それをキャンセルすることは彼らが立ち直るのを助けることができるということです。

学生の借金をキャンセルすることは必ずしも簡単または手頃な価格ではないことを覚えておくことが重要です。決定を下す前に考慮すべきいくつかの要因があります:あなたが持っている負債の量、あなたの収入レベル、そしてあなたが許しプログラムの資格があるかどうか。ローンのキャンセルが適切だと思われる場合は、金融機関のアドバイザーに相談するか、弁護士に相談して、すべてが合法であり、予期しない費用が発生しないことを確認してください。

学生の借金をキャンセルすることは経済にどのように役立ちますか?

学生の借金を取り消すことは経済に大きな影響を与えるでしょう。政府はもはやこれらのローンの利子の支払いを受け取らないでしょう、それはかなりの金額を解放するでしょう。このお金は、インフラストラクチャやソーシャルプログラムなどの他の重要なプロジェクトに資金を提供するために使用できます。さらに、未払いの学生の借金がある人は、将来、住宅ローンやクレジットカードを取得するのがより困難になる可能性があります。これは、個人消費とGDP成長率の低下につながる可能性があります。全体として、学生の借金を取り消すことは、経済と社会全体にプラスの影響を与えるでしょう。

キャンセルされた学生の借金から最も恩恵を受けるのは誰ですか?

米国がすべての学生の借金をキャンセルした場合、誰が最も恩恵を受けるでしょうか?

このタイプのポリシーの恩恵を受ける人々のいくつかの異なるグループがあります。最初のグループは、現在学生の借金を抱えている人々です。もし私たちがこれらの借金をすべて取り消すとしたら、それは彼らにとって大きな安堵となるでしょう。この救済は、低金利、支払いの削減、あるいは完全に許しの形でもたらされる可能性があります。

このタイプのポリシーから利益を得るもう1つのグループは、将来の世代です。学生の借金をすべて取り消すと、教育やその他の重要な投資に使用できるお金が解放されます。これは、現在の学生だけでなく、困っている将来の世代にも役立ちます。

この種の政策から恩恵を受ける可能性が高い最後のグループは、政府自体です。すべての学生の借金をキャンセルすると、納税者は時間の経過とともに数十億ドルを節約し、国の債務負担を減らすことができます。これは、より持続可能な金融システムを構築し、誰もが質の高い教育を受けられるようにするための重要なステップです。

学生の借金をキャンセルすることで起こりうる悪影響は何ですか?

学生の借金をキャンセルすると、多くの悪影響が生じる可能性があります。たとえば、連邦政府の学生ローンを利用している場合、財政援助の資格がなくなったとしても、ローンの全額を返済する必要がある場合があります。さらに、あなたの借金をキャンセルすると、将来のクレジットや住宅ローンの資金調達がより困難になる可能性があります。最後に、学生の借金をキャンセルすると、将来的に他の種類のローンの利率が上がる可能性もあります。したがって、学生の借金をキャンセルすることには確かに潜在的な利点がありますが、決定を下す前に、考えられるすべての結果を比較検討することが重要です。

学生の借金をキャンセルすることに反対するのは誰ですか?

学生の借金をキャンセルすることに反対するグループがいくつかあります。1つのグループは、すでに学生ローンを完済している人々です。彼らは、すでに返済したお金を返済するように頼むのは不公平だと感じています。もう1つのグループは、現在学校に通っていて、まだ卒業していない人々です。まだ教育を終えていないからといって、借金を返済するのは不公平だと感じています。最後のグループは政府であり、学生の借金がすべて取り消された場合、お金を失うことになります。学生の借金を取り消すことは、政府と彼らのローンでお金を借りている人々の両方に多くの財政問題を引き起こすでしょう。

なんで?

学生の借金をキャンセルすると、他のことに使うことができるたくさんのお金が解放されます。たとえば、米国の学生の借金をすべてキャンセルした場合、1兆ドル以上の価値があります。このお金は、経済の改善や新しいプロジェクトへの資金提供に使用できます。また、これらのローンの利息支払いに向かう必要はなく、長期的には多くのお金を節約できます。

さらに、学生の借金をキャンセルすると、人々は自分のキャリアを始めるのが簡単になります。学生の借金が頭に残っていなければ、リスクを冒して新しいことに挑戦する可能性が高くなります。これは、彼らが将来的に成功した起業家やビジネスリーダーになることにつながる可能性があります。

学生の借金をキャンセルすることは、環境上の利点もあります。たとえば、アメリカの未払いの学生ローンの債務をすべてキャンセルすると、年間約10億トンの炭素排出量が削減されます。

学生の借金をキャンセルする代わりに、どのようなプログラムやポリシーを導入できますか?

学生の借金をキャンセルするとどうなるでしょうか。

経験がないので就職できない人もいるかもしれません。彼らは再び下から始めなければならず、彼らが立ち上がるのにもっと時間がかかるでしょう。他の人は彼らが彼らの借金をカバーするのに十分に支払う仕事を見つけることができないので再び借金をするかもしれません。学生の借金を取り消すことはまた、大学が彼らにお金を借りている学生からお金を集めることができないことを意味します。これは、より多くの学生が借金をし、教育に利用できるお金が少なくなることにつながる可能性があります。場合によっては、すでに借金をしている人は、ローンがキャンセルされた場合、返済できない可能性があります。これが起こった場合、政府は介入し、これらの人々が彼らの借金を返済するのを助ける必要があるかもしれません。学生の借金を取り消すことはまた、政府がこれらの人々によって負っている税収を失うことを意味します。これは、他のプログラムの削減または将来の増税を意味する可能性があります。全体として、学生の借金を取り消すことは、社会全体に多くの悪影響を及ぼします。

米国のすべての未払いの学生ローンの借金をキャンセルするのにどれくらいの費用がかかりますか?

インスティテュート・フォー・カレッジ・アクセス・アンド・サクセス(TICAS)の報告によると、米国で未払いの学生ローンの債務をすべて取り消すと、推定1.4兆ドルの費用がかかります。これは、国のクレジットカードの負債総額を上回っています。それを考えると、コストを賄うには10年以上の継続的な経済成長が必要です。

もちろん、すべての学生ローンの借金をキャンセルするのに実際にかかる費用に影響を与える可能性のある多くの要因があります。たとえば、金利が大幅に上昇した場合、ローンをキャンセルするための全体的な価格も上昇します。さらに、一部の借り手は、特定の基準を満たしている場合、低額の支払いを交渉したり、ローンを完全に免除したりできる場合があります。ただし、将来の金利や許しの方針に何が起こっても、TICASは、未払いの学生ローンの債務をすべて取り消すことは、依然として非常に費用のかかる提案であると推定しています。

では、学生ローンに苦労している場合、今何ができるでしょうか。試すことができることがいくつかあります。まず、月々の支払いを減らすために、利用可能なすべてのオプションを使用していることを確認してください。これには、貸し手との交渉や、可能であればローンの借り換えを検討することが含まれます。第二に、あなたの収入と他の財政的義務に基づいてどれがあなたにとって最良であるかを知るためにあなたの返済オプションを理解することを確認してください。そして最後に、公務員ローンの免除を忘れないでください。このプログラムでは、特定の連邦政府職員が、政府サービスで10年間継続して雇用された後、学生ローンの全残高を免除することができます。

このお金はどこから来るのでしょうか?

米国がすべての学生の借金をキャンセルした場合、それはさまざまなソースから来るでしょう。一部のお金は政府から来る可能性がありますが、他のお金は個人投資家から来る可能性があります。

政府は、学生ローンの資産を売却したり、学生ローンに裏打ちされていない新しい債務を発行したりすることでお金を稼ぐ可能性があります。個人投資家は、新しい学生ローン商品に投資したり、既存の債務を借り換えたりする可能性があります。すべての学生の借金を取り消すことは、経済と社会全体に大きな影響を与えるでしょう。それは多くの人々が彼らの家、仕事、そして他の重要な資産を失う原因となるでしょう。さらに、それは彼らの財政を安定に保つことに成功した人々に莫大な財政的負担を生み出すでしょう。すべての学生の借金をキャンセルすることは、他に利用可能なオプションがない場合にのみ取られるべき極端な措置です。

キャンセルされた学生の借金は、将来、より多くの借金と授業料の増加につながるでしょうか?

すべての学生の借金をキャンセルした場合、貸し手が増加した教育費を転嫁することを余儀なくされるため、授業料が増加する可能性があります。これは、大学に通うための全体的なコストの上昇と、学生が引き受ける債務の額の増加につながる可能性があります。また、高等教育への需要が急減した場合、学生ローンを組んだ人は返済できなくなる可能性があります。学生の借金をキャンセルすると、予測が難しい意図しない結果が生じる可能性があります。