ジェリー・ライスが引退したのはいつですか?

発行時間: 2022-04-15

ジェリー・ライスは、NFL史上最も偉大なワイドレシーバーの一人と言われています。サンフランシスコ49ersを中心に20シーズンにわたりプレーし、数々の記録を残した。200年にサッカー界を引退

ライスはミシシッピに生まれ、貧しい家庭に育った。高校、大学とスター選手として活躍し、198年に49ersにドラフト指名された

2年目のシーズンには、ライスが当時の記録となる1,848ヤードを獲得した。その後、この記録を6回更新することになる。また、最多レシーブ記録(1,54)を樹立した。

ライスは16シーズンで49ersを去り、オークランド・レイダースで2年間プレーした後、4歳で引退した

  1. すぐにリーグ最高の選手となり、49ersのスーパーボウルXXIIIとXXIVの優勝に貢献した。
  2. とレシーブ・タッチダウン(19. ライスはオールプロのファーストチームに10回選ばれ、プロボウルに13回選出された。
  3. キャリア通算では、パスキャッチ1,311回、19,247ヤード、タッチダウン200回を記録している。ヤード数は、ジェリー・ライスの22ライス2に次ぐ歴代2位。

ジェリー・ライスはNFLで何シーズンプレーしたのですか?

ジェリー・ライスは1985年から2004年まで20シーズンにわたりNFLでプレーしました。スーパーボウルに3度出場(1995年、1998年、2003年)し、レシーブ1,549回、19,895ヤード、タッチダウン183回でNFL史上歴代最多のレシーバーである。ライスはMVPを2度受賞し(1995年と2003年)、2005年にはプロフットボールの殿堂入りを果たしている。

ジェリー・ライスは何回プロボウルに出場したのですか?

ジェリー・ライスは、ナショナルフットボールリーグ(NFL)のサンフランシスコ49ers、シアトルシーホークス、オークランドレイダースで活躍したアメリカンフットボールのプロ選手です。NFL史上最も偉大なワイドレシーバーの一人とされている。ライスはプロボウルに15回出場し、これはジェリー・クレイマーに次いで歴代2位である。また、オールプロ6チーム、ファーストチーム2チームに選出された。1999年には、NFL史上初めて年間最優秀選手(MVP)と年間最優秀攻撃選手(Offensive Player)の両方に選ばれた。2018年現在、最多レシーブヤード(22,895ヤード)、タッチダウン(248回)の記録を保持している。

ジェリー・ライスは、オールプロに何チーム入ったのですか?

ジェリー・ライスは、生涯で14回オールプロに選ばれている。1軍に9回、2軍に5回選出された。オールプロ選出回数14回は、NFL史上最多。

ジェリー・ライスのキャリア通算レシーブヤードは?

ジェリー・ライスのキャリア通算レシーブ・ヤードは、おそらく一生破られることのない記録である。NFL史上最多となる1億ヤード以上のレシーブヤードを記録している。フィールドでの功績により、彼はリーグで最も尊敬される選手の一人となり、エリートレベルのパフォーマンスを続けています。スーパーボウルのリング5個、MVP2回など、数々の賞を受賞し、フィールドでの圧倒的な存在感を示している。NFL史上最も偉大なレシーバーの一人とされ、その遺産は引退後も長く語り継がれることでしょう。

ジェリー・ライスのキャリア通算レシーブ・タッチダウン数は?

ジェリー・ライスのキャリア通算レシーブ・タッチダウンは99回です。レシーブ・タッチダウンの歴代トップで、2010年にプロフットボールの殿堂入りを果たしている。また、ライスは最多レシーブ(1,549回)、最多ヤード(22,895ヤード)、最多タッチダウンレシーブ(83回)のNFL記録も持っています。1990年代のNFLオールデケード・チームにも選ばれています。

ジェリー・ライスのキャリア通算レシーブ数は?

ジェリー・ライスのキャリア通算レシーブ数は1,549回です。NFL史上歴代1位、プロフットボール史上歴代4位を記録している。また、ライスは22,895ヤードという歴代最多レシーブヤードの記録も持っています。タッチダウン110回は、アントニオ・ブラウンの132回に次ぐ数字だ。

ジェリー・ライス氏がNFL時代に一緒にプレーしたクォーターバックは誰でしょう?

ジェリー・ライスは、NFL史上最高のクォーターバックたちとプレーしました。スティーブ・ヤング、ジョー・モンタナ、ダン・マリーノ、ジョン・エルウェイなどのクォーターバックである。ライスはこれらのクォーターバックとプレーして多くの成功を収め、それぞれがNFL史上最も偉大な選手の一人となるのを助けました。

ジェリー・ライスがNFL最後のシーズンに所属したチームはどこですか?

ジェリー・ライスは、NFL最後のシーズンをサンフランシスコ49ersでプレーしました。スーパーボウルを3度制覇し、リーグ史上最も象徴的な選手の一人である。また、ライスはレシーブヤードとタッチダウンの歴代リーダーでもある。2002年のシーズンを最後に引退したが、2007年に1試合だけ引退を表明した。

ジェリー・ライスがプロフットボールの殿堂入りを果たしたのは何年ですか?

ジェリー・ライスは2005年にプロフットボールの殿堂入りを果たしている。1985年から2004年までサンフランシスコ・フォーティナイナーズでプレーした。

NFLの歴代最多タッチダウンレシーブ数は何位ですか?

NFLの歴代タッチダウンレシーブ数ランキングでは、ジェリー・ランクが138回で現在3位となっています。ジェリー・ライス、クリス・カーターに次ぐ。ランクはまた、総タッチダウン数(246)で1位、レシーブヤード数(38,934)で2位にランクされています。タッチダウンレシーブ138回は、NFL史上最多の選手です。1976年にフィラデルフィア・イーグルスに入団して以来、14年間のキャリアでこれを達成した。ランクは2001年にプロフットボールの殿堂入りを果たしている。

ジェリーは、NFLの歴代シーズン最多パントリターンヤーデージランキングで、何位にランクインしていますか?

ジェリー・ライスは、1,549ヤードのシーズン最多パントリターンヤードを記録しています。1995年、サンフランシスコ・49ersでこの偉業を達成した。また、ライスはパントリターンタッチダウンの回数も10回で歴代2位です。チームメイトのロジャー・クレイグは9人で3位だ。ジェリー・ライスは2005年に殿堂入りを果たし、彼の背番号18のジャージは49ersによって引退させられている。現在、NFL歴代5位のレシーブヤードと歴代4位のタッチダウンレシーブを記録している。