貸し手が借り手に参照を提供するように要求するのはなぜですか?

発行時間: 2022-09-19

貸し手が借り手に参照を提供するように要求する理由はいくつかあります。

一部の貸し手は、借り手がローンを返済できることを確認したいため、参照を必要とする場合があります。貸し手は、収入や信用履歴など、借り手に関する情報を確認することもできます。

参照を必要とするもう 1 つの理由は、借り手が以前にローンを拒否されたことがある場合です。貸し手は、あなたをよく知っていて、あなたの人柄とローンを返済する能力を証明できる人物からの紹介を求める場合があります。

最後に、一部の貸し手は、特定の種類の参照でのみローンを提供する場合があります。たとえば、一部の貸し手は、雇用主または教育機関からの推薦状のみを受け入れる場合があります。これらの種類の参考資料がない場合は、資格を証明する別の情報源を見つける必要があります。

参照は、貸し手がローン申請を評価するのにどのように役立ちますか?

リファレンスとは、あなたの人柄と信用力を証明できる人です。貸し手は通常、ローンを申し込むときに少なくとも 2 つの参照を求めます。

あなたの参照は、貸し手があなたのローン返済能力と経済的安定性を評価するのに役立ちます。参照には、現在の収入と支出に関する情報も含まれている場合があります。

参照がない場合、貸し手はローン申請の承認をためらう可能性があります。参照なしでローンの承認を得るには、あなたの性格と信用力について肯定的なフィードバックを提供できる人を見つける必要があるかもしれません.

リファレンス チェック サービスは、オンラインまたは地元の融資機関を通じて利用できます。これらのサービスは、あなたの性格や信用力について肯定的なフィードバックを提供できる信頼できる人を見つけるのに役立ちます。

すべてのローンには参照が必要ですか?

参照チェックは、個人およびビジネスの両方でローンを取得するための一般的な方法です。これは、貸し手が借り手がローンを返済できることを確認したいためであり、また、参照を提供する人が評判の良い人であることを確認したいからです.

ほとんどのローンは参照チェックを必要としませんが、参照チェックが必要な特定の種類のローンがあります。たとえば、住宅ローンを申請している場合、貸し手は銀行または信用組合からの照会を必要とする可能性があります。同様に、自動車ローンや電化製品や家具などの大きな買い物を申し込む場合、貸し手は、最近数か月であなたをよく知っている人からの参照を要求する場合があります。

すべての貸し手がすべての種類のローンの参照を必要とするわけではないことに注意することが重要です。そのため、大きな買い物をする前に質問することが重要です。参考文献がない場合は、入手できるまで待ってから申請に進むことをお勧めします。

ローン申請者の参考になるのは誰ですか?

ローン申請者のリファレンスは、申請者の性格、信用力、およびローンを返済する能力を証明できる人です。一般的に、ローン申請の照会先を提供できるのは、家族、友人、または同僚です。ただし、貸主のポリシーによっては、他の個人が参照を提供できる場合もあります。たとえば、一部の貸し手は、家主または不動産管理者が賃貸住宅ローンの参照を提供することを許可しています.一般的に、あなたに関する関連情報(収入や負債レベルなど)について、潜在的な参照を尋ねることが重要です.可能であれば、この情報を簡単に共有できるオンライン フォームにリファレンスを記入してもらいます。さらに、借用履歴に関して正確かつ最新の情報を提供することの重要性を参照者が理解していることを確認してください。 1-800-937-5339 で貸出チームにお問い合わせください。

借り手は通常、何件のリファレンスを提供する必要がありますか?

ローンを申し込むときは、少なくとも 3 つの参照を提供する必要があります。貸し手は、あなたの信用力を懸念している場合、追加の参照を求める場合があります。通常、貸し手は、あなたの財務履歴を知っていて、ローンを返済する能力があることを証明できる人と話をしたいと考えています。

ローンの申し込みに個人的な参照を使用できますか?

ローンを申し込むとき、個人的な参照は、あなたの信頼性と信用力の指標として使用できます。リファレンスは、申請プロセスのスピードアップにも役立ちます。ただし、すべての貸し手が申請プロセスの一環として個人的な参照を受け入れるわけではないことに注意することが重要です。申請書を提出する前に貸し手と話し、あなたからの参照が必要かどうかを判断することをお勧めします。

参照は借り手についてどのような種類の情報を提供する必要がありますか?

ローンの参照には、通常、名前、住所、職歴など、借り手に関する情報を提供する必要があります。リファレンスはまた、借り手について肯定的に話し、彼らの性格についての情報を提供できる必要があります.参照は、借り手の信用度や、過去に延滞や抵当権の記録があるかどうかについての質問にも答えることができる必要があります。

ローンの参照要件に例外はありますか?

ローンの参照要件にはいくつかの例外があります。たとえば、参照を提供できる家族がいる場合、参照は必要ありません。さらに、少なくとも 2 年間同じ役職に就いており、現在の雇用主が推薦状を提供する意思がある場合は、推薦状は必要ありません。最後に、無担保ローン (頭金を必要としないローン) を申請する場合、参照要件はありません。

借り手は参照をどのくらいの期間知る必要がありますか?

ローンの参照は、借り手が少なくとも 6 か月間知っている必要があります。これは、参照を提供する人が公平であり、過去に借り手と否定的な取引をしていないことを確認するためです.借り手が参照を知らなければならない時間の長さは、求められているローンの種類によって異なります。たとえば、個人ローンの場合、参照は借り手が少なくとも 3 か月間知っている必要があります。ただし、住宅ローンの場合、参照は借り手が少なくとも 6 か月間知っている必要があります。

借り手が参照を提供できない場合はどうなりますか?

ローンを申し込む場合は、リファレンスを提供する必要があります。リファレンスとは、あなたの信用度が高く、ローンを返済する能力があることを証明できる人です。借り手が参照を提供できない場合、ローンの取得が困難になる可能性があります。借り手が参照を提供できない場合に発生する可能性のあることがいくつかあります。

貸し手は、ローン申請を承認しない場合があります。

借り手は、信用履歴が悪いため、将来他のローンの承認を受けるのに苦労する可能性があります.

ローンの金利が通常より高くなる場合があります。

リファレンスの悪いマークは、ローンの承認を受ける可能性に影響しますか?

リファレンスチェックは、ローンを申し込むときに実行できる最も重要な手順の1つです。適切な参照は、アプリケーションを他のアプリケーションより際立たせるのに役立ち、ローンが承認される可能性を高めることさえあります.ただし、参照の悪いマークはアプリケーションに影響を与える可能性があります。

経験則としては、可能な限り肯定的な参照を取得することで、潜在的な否定的な結果を回避することです。あなたの紹介が役立つかどうかについて質問がある場合は、申請書を提出する前に貸し手に直接相談することをお勧めします.参考文献で提供された情報に基づいて、アプリケーションがどの程度うまく機能するかについてフィードバックを提供できます。

以前の参照からの悪い点を改善するために何かできることはありますか?

ローンの参照が必要になる理由はいくつかあります。たとえば、以前の参照の点数が悪い場合、ローンの承認を得るのが難しい場合があります。ただし、適切なリファレンスを取得する可能性を高めるためにできることがあります。まず、あなたの参考文献に連絡して、あなたが何を必要としているのかを説明してください.第二に、フィードバックを受け取った後は、必ず参考文献をフォローアップしてください。最後に、参考文献があなたについて持っている可能性のある質問に答える準備をしてください.これらのことを行うことで、将来のローンの良い参考資料を得る可能性が高くなります。

申請者がローン申請の参考資料として使用してはならない人がいますか? その理由は?

申請者がローン申請の参考資料として使用してはならない人物が数人います。これには、志願者が落選するのを見ることに興味を持っている可能性のある家族、あなたの最善の利益を心から考えていない友人、あなたが会ったことのない人々が含まれます.さらに、認可を受けていない、または認定されていない人を使用して財務アドバイスを提供することは危険です。彼らが参照を提供した後にローンに問題が発生した場合、申請者は借金を抱えてしまい、借りたものを返済できなくなる可能性があります。最後に、誰かがあなたの友人や家族の一員であるからといって、あなたの財政に関する決定を下す際に、彼らが常にあなたをサポートしてくれるとは限らないことを覚えておくことが重要です.ローンを組むかどうかわからない場合は、独立した金融アドバイスを求めることが常に最善です。